転職サイトは、大手が運営しているものであるほどたくさんの企業が掲載されているため、…

転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載される会社の数も多くなるた・・

転職サイトは知名度の高いサイトの方が多くの求人情報が掲載されているため、約2~3社ほどとりあえずはサイトに登録して、勤務地や年収などの条件を設定しておき、条件に合った案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報を集めることが可能です。ですが、初回は登録するのにとても時間がかかるので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録をする初回時はけっこう時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、次回以降応募するときのことを考えれば、初回の準備に手を抜かないことを心がけるのが無難です。

新卒採用で入った会社にお別れをして、決意を新たに転職しました。

新卒で入った会社を辞め、転職することについて会社を辞めたときは、とても将来が不安でした。でも、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用で働いている人ばかりであると私自身が転職したことで学び、いつの間にか悩みが消えて、気持ちが楽になりました。転職を経験するとなんだか気持ちが前向きになって、「自分のやりたいこと」が再確認できて楽しくなっていきました。いまだ「続けてこその仕事」といったような意見も根強くありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私自身、転職を決断して後悔はありません。

看護師|これまでは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を活用していました。

今まで私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」で仕事を探していました。その理由は、大手の転職サイトはやはり都心の求人情報しかないからです。これまでの求人を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。有名な転職サイトに掲載されている求人よりも多少給料や労働条件で差がありますが、古くから地域密着といった点ではとても信頼性が高いです。また、「ハローワークは地味なイメージがある」とイメージしている人も多数いるはずです。思いのほか、大手の転職サイトにはない求人が見つかるかもしれないので、もし転職を考えている人は参考までにハローワークへ1度行ってみるのも手です。有名な転職サイトのような多くの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える…

はじめて「失業保険」を受ける際、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が極めて多いですが、それは誤解です。実は、失業保険の給付をきちんと受け取り続けるためには、職探しを行っていることが必要で、それとは別に、月に一度はハローワークに行く必要があります。月ごとにハローワークの職員と話し合いをして、真面目に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。他方、真剣に就職活動をしていないと判断されたり、毎月の職員との面談に参加しない場合は、有無を言わさずに給付を一時停止したり、酷い場合は以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、気をつけておきましょう。

看護師|転職を考える際、転職後の自分の給料について気にする・・

転職というものをする場合、そこでの自分の給料について気にする人がどうも多くいるようです。大多数は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活するために精を出しているとは思います。だから年収というのは自身の価値を測る指標という側面もあるから、当然大切なものとして扱うのは無理もありません。ですが、必要である以上に年収に気にかけすぎるのも虚しい気がしませんか?この世には年収が期待できない業種でったも精神的な充足感を得られることはゼロではないからです。