看護師|就職活動において、年収はとても大切なポイントです。

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。

就職活動において、年収は非常に大切な要素です。面接時には、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収を設定することです。ちなみに、現在の年収が300万円の人が急に年収500万になるようなことは極めて小さいです。現在の年収が430万円としたら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくことをおすすめします。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、せっかく入社した会社をそのまますぐに退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

看護師|就労中は極力社内の人間にバレないように(ちなみに私のと・・

就労期間中は、出来るだけ社内の人間にバレないように(ちなみに私自身のときは)雇用中に転業する意図だけ、はじめの時期に会社内で話したことがあります。けれども、その顎、求人サイトを見て回ったものの、就職先や仕事を変えるタイミングすら何も進めていたので、いつの間にか時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには一方の会社のほうは、業務の引き継ぎや手続き、私の退職予定日などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験し、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

看護師|このところ私は派遣会社に登録しています。

派遣の会社に登録しています。ウェブサイトで何の気なしに条件のよい仕事を探し出して問い合わせをしてみると「その仕事はもう別の人が採用されました」と言われ瞬間的にウェブサイト上からお仕事の情報が消えるのですが、その次の日にはまた載っています。それって結局私ではダメだっていう意味ですよね。そういうことであればカドが立たないようにはっきりと教えてほしいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。はたまた客寄せのためのダミーの仕事なのでしょうか?

これまで20代前半に転職を数回経験して、そして現在…

20代前半に転職を2回経験し、そして現在、資格を手に入れたいので「派遣社員」で勤務しています。フルタイム勤務ではないのでやはり給料が少なくなってしまいました。ですが、心と時間に大きな余裕が出来ています。学生のときに資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。やはり、実際に、そういった人を見る度、うらやましいなと見えたりもします。前までの私は、それなりに成功している人と自分を比べ、肩を落とす日もありました。現在では結婚して生活そのものが大きく変化し、前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、しあわせな生活を送れるようになりました。

看護師|私が勤め口を探していたころたいへん多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

私は以前何個かの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーのレベルも多様で大方は納得のいく対応をしてくれない担当者でした。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと一生懸命に臨んでほしいという想いが高まってしまいました。それが引き金となって自分がキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーの資格を取得するためには支出が増えました。また勉強もハードなわけですが、就職活動中の人たちに信頼してもらえる人になるために頑張っています。