転職をするための活動をしている最中は、まず常に心のうち…

転職をするための活動中はとにかく、とにかく自分の心のう・・

  • 転職の活動をしているときは、なにはともあれゼッタイに自身の心のうちが慌てないということをとても重要視したいものです。会社で働きながら転職活動される場合は、それほど気にする必要はありませんが、退職の後にする場合だったら、どうしても心のうちが焦りが出てしまいます。であるので、気持ちを落ち着けながら活動するように意識しましょう。将来、自身でやってみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージを具体的にしてみてください。そして、実際の職場と比べてみて、それらが合致しているかどうか、改めて冷静に見極めていきましょう。この手間を掛けることで転職で良い結果を出しやすくなります。

  • 近いうちに転職予定がある人で、次の仕事をする前に期間があるのな…

  • 近いうちに転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、ぜひ「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は今働いている所属する会社が雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば必ずだれでももらえます。そして手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、企業の都合や残業時間によってはただちに貰える可能性もあります。なお、受け取れる「失業手当」の金額については、会社で最後の勤務月の近々の給料を基準にして失業手当の金額を算出されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 女性の転職において、一昔前とここ最近とでは少し状況が変わりつつあります。

  • 女性の再就職は、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とでは若干の変化があるといいます。過去には面接の際に、結婚の予定や出産後の方針に関して、女性に質問していました。ところが、今はそのようなデリケートな内容は、セクハラとして聞かない企業、の方が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大きな会社の場合は、神経を尖らせているようです。ですが、企業側は、YES・NO、といった形ではなく、その女性が、結婚した後も働きたいのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいとは思っています。あなたの価値観を理解してもらうためにも、志望の動機や自己PRの中に織り交ぜながら表現することで、企業側も考えがわかり、安心してもらえると思うのです。というワケで、質問されていない箇所についても、先にあなた自身から配慮し、話をしてみると良いでしょう。

  • 転職の面接などにおいて面接担当者に名刺を手渡されたら…

  • 転職の面接などにおいて面接担当者に名刺を手渡されとしたら、あなたも同様に名刺を差し出すべきであるのかどうかと悩んだ際は、大方は差し出さないもの、と考えておきましょう。転職のための面接とは仕事の一環ではなく、仕事を得るための採用活動内のことなので、大体の場合は名刺をやりとりする時間とは異なります。重ねて、会社の人間として出向いているのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。ですので、もしも相手から名刺を渡さても、こちらとしては受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方にあげる必要はないと思われます。

  • 看護師|長く接客関係で仕事を続けてきましたが、加齢とともに立ったままのお仕・・

  • 長い間接客業で働いてきましたが、年齢を重ねるにつれて立ったままのお仕事は体力的にきついため、座って仕事を続けられるオフィスワークへお仕事を変えることを頭に入れて動きました。事務の経験がないとなるとなかなか厳しく、そうであれば接客の経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格を取得して個人の病院に転職しました。周りはベテランのパートさんばかりで人間関係も難しい。夜のシフトばっかりさせられて、接客業時代よりも帰宅する時間も遅いのですが、初めの頃はキャリア形成の時期だと腹をくくり頑張ります。