もっと良い会社につきたいと転職を希望する人とは「ほんのちょっとでもはやく、…

看護師|もっと良い職場に入りたいと転職をする活動中の大半・・

  • もっと良い企業につきたいと転職活動をする場合には「ほんの少しでもはやく、内定(採用通知)をものにしたい」と思ってしまうものです。しかし、その気持ちが強くて通知が欲しいばかり、自分の能力を必要以上に大きく見せたり、また対称的に安売りするような行動はできるだけ避けておきましょう。焦ってしまう気持ちをグッとおしころして、冷静になりつつ、自分に最適の職場を見つけることに専心しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く見極めていきましょう。

  • 看護師|看護婦という名前だった看護師は資格としてやはり女性の割合がかなり大きい…

  • 以前は看護婦と呼んでいた看護師という仕事は、女性比率がとても高い職場です。知られていると思いますが気力だけでなく体力ともに消耗が激しい傾向にあります。そのため、職場の環境での人間関係で行き詰まったり、結婚や出産の後にそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立が取りづらい仕事でもあります。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多いのが現実です。看護師という職種の労働市場は看護師は、人材不足な状態に困っています。最近は特に、医療業界は、看護師を求めている「売り手市場」であり、転職の増加を後押しするスパイラルになっています。

  • 看護師|転職したケースでは、高い確率で前の仕事はたいていは美化された記憶となります。

  • 転職した場合には、だいたいの場合は以前の仕事は多くの記憶は美化されます。実際のところ今の仕事内容が合意できないから、そういった思いをどうにかするために、やっと退職を決め、再就職すことになったのに、時の流れとともに不思議と「前職のほうが良かったかも」と感じる機会が増えてきます。というのは至って当然のことで、前の職場では仕事をこなすことに慣れていて簡単にやるべき仕事があっさりとできていたのも一番の根底にあるでしょう。しかし、「辞めるべきではなかった」といえるほど、前の会社のほうがやりがいも職場の雰囲気が良い場合もあります。

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、…

  • 転職期間中は、趣味に没頭したり、体力を損なわない生活を習慣化しておくとベストです。勤務先が見つかり、仕事を再始動したとき、趣味に集中していたことによって知らないうちに集中する力が高まります。加えて、体力を補っている事で、その場の社員さんよりも疲れにくい身体になっているということを認識することができます。というわけで、退職してからの生活は、興味のあるなことに力を入れることと、体力アップを図ることをしておくのがおすすめです。勤め先が決まり、その会社で同様の趣味の方と知り合えたのなら、話が盛り上がるので、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 看護師|転職活動中に、面接のときに高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていて面接において絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、隠さずに話してもかまいませんが、これと違って「転職理由」は、現職の不満をそのまま伝えたとしたら問題があります。給与に関する不満、人間関係に関する問題など、面接官によいイメージを与えるものではありません。自分が不利になることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そのあと、「御社に入ってから〇〇したいです」、「5年先はこういったことをしているだろう」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えてみましょう。