看護師|転社を繰り返さないための術が一つだけあります。

看護師|転社を度々しないための対策が一つだけあります。

退職と転職を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を鍛えるのには良い情報は容易に知ることができます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職と異なる行動をする事もメンタルを鍛えられます。その行動とは、ズバリ外国に行くことです。海外に行くと、文化も言語も大きく異なるので、大きな刺激を常に得られます。なので、帰って来てから変化があるのです。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま、面接に向かうと、今までとは格段に違い自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかしながら、退職後は精神面がもろくなっている人も多いのでこれからのために休みも必要です。

転職活動では、最初に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりし…

転職活動を始めるにあたっては、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌を見たりしてその会社のことを調べると思います。とはいっても、その会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す達人です。仮に公開するとしても遠回しな表現に徹します。そのような会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、それをすべて事実だと捉えるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。言葉を額面通りに受け止めてしまうと、期待していたことと全く違うと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、あれこれ理由をつけていかにして辞めさせないようにするか謀略を練っています。このようなブラック企業には気を付けましょう。

派遣社員として仕事をする人が近頃増加する傾向にあります。

派遣社員として働く人が最近では多くなっていますが、もしも自分がが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中でどれだけが自分の報酬になるのかを可能であれば面接のときに聞いておくべきでしょう。派遣会社は、社員を必要な会社に派遣してその見返りとして、手数料を徴収する形を取っています。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が大半です。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、酷い場合は、3割しか支払われていなかったということも多いです。面接のときにきちんと返答しない会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでできることなら違う派遣会社で登録されることを推奨します。

看護師|これはシフトの仕事についてです。

「シフト制」のある仕事についてです。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、シフトの出し方や休み方について、あらかじめ確認しておいた方が良いです。私自身、出産のため抜けた人の代理として正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが土日が固定シフトで新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前任者が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更を出す必要があり、上司に私の代わりに出勤してもらえるように、と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日は私だけなんて・・・。今思えば「よく耐えたな」と。

看護師|初めて働いた会社でパワーハラスメントを行う上司に神経を削られ…

勤務していた会社で嫌な上司に悩まされ、結局我慢することができなくなり退職し、別の同業者の会社に転職しました。新しい会社では上との関係も良好で働くことができて本当に満足した日々でしたが、月日の経過とともに業績が落ち込んで、ついにはとある会社に経営統合されることになりました。偶然にもその経営統合した先の会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、しかも大嫌いだった上司が再び私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょうか。もちろん新規の転職活動を始める予定です。