看護師|転職する際に行われる面接のときにつける腕時計についてです…

再就職の面接のときに着用していく腕時計ですが、どう見ても目立つ…

転職の面接で使う腕時計においては、明らかに目を惹く時計の着用は避けたほうが安心です。この目立つという意味は高そうなデザインだったり、といったことだけではないのです。反対にチープな腕時計の印象を与えるとか、そういった真逆で目立つのだと覚えておいてください。再就職の面接のときに着用するべき腕時計というのはスーツやネクタイと同様にとらえビジネスの場にふさわしい堅実なものを着用して行った方が賢明だと言えます。しかし、歳にあっているということも必要な条件であり、新卒の頃に面接時に準備した腕時計よりはほんのわずかであっても値段が高い腕時計にした方が良いということは断言できます。

転職活動を行うときには「履歴書」「職務経歴書」が必要となります。

転職活動の際には履歴書と職務経歴書が重要です。企業の大部分は履歴書及び職務経歴書に記載されている内容を元に面接するかどうかを決めるため、なによりもこれらの書類が大事なポイントです。ただ文字を書くだけにとどまらず、内容を充実させることが大切です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き出します。また、現職の社内で挙げた実績を、例をあげれば前年比の売上を○パーセントアップを達成した、などわかりやすく書くのが望ましいです。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを利用することも転職を成就するための有効な手段だといえます。

転職期間中は、無意識のうちに時間があるため、気が緩んでしま・・

転職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。しかしながら、そんな風な過ごし方を習慣にするのは危険です。言うまでもなく、だれた生活を習慣化してしまうと、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。気が付くと、働く意欲がなくなり、お金に困る状況にも・・・。そんな状態になると、すべてにおいて悪循環になり、次の職場を見付けることが困難になってしまいます。次の仕事が決められなくなるのは、給料を最優先に考えるからです。もらえるお金を最優先に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

楽しんで転職活動と付き合う事が出来れば、メンタルを脅かされることがないので、…

将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら再就職ができれば、精神的な負担が減るので、転職期間中の堕落も回避できます。またメンタル面が元気なままでいれば、割と早く転職先も見つけられるはずです。最良なのは、休職期間を作らずに新しい勤め先を見付けることが大切です。現在の仕事をしながら、新たな職場を探すのがベストです。それに、ブランクをつくらなければ仕事をやめても、すぐに働けます。そうすると、働いていない空白の期間がなく、履歴への影響も回避できます。つまり、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。将来のことを考えながら、転職活動を進めていきましょう。

看護師|転職するにあたり、今働いている会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、…

転職を行う際、今勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、自分の都合により退職届を書いて会社を辞める、いわゆる自己都合退職のケースでは失業保険はすぐには給付されず手続きをした後で失業が認定されてから3か月待たないと受け取れないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3ヶ月でもらえる、と誤解しないようにしましょう。この規則について誤解している人が、ハローワーク側にミスがあると主張してハローワークの担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。念のために付け加えておくと、社員側の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けたのちすぐに失業保険をもらえます。