看護師|この話は知り合いから聞いた話です。

看護師|こうした話は知人からの話です。

こういう転職という話は従兄の話です。就職活動を始めて在学中の就職活動でどうしても勤めたかった目標のA社の最終面接で不採用となって、それから先嫌々ながら別の会社で働くことになりました。それから3年経た頃に派遣の求人サイトをチェックしていた時偶然A社の紹介予定派遣の求人を発見し、じっとしていられなくなって当時働いていた会社をすぐに辞め、A社で派遣の勤務を開始、必死のパッチで頑張ってそれから後問題なくA社で正社員登用され、今となってはやりがいを感じつついきいき勤務しています。

看護師|今あるスキルや資格を活かしつつ、転職活動する場合、転職しやすい業界・・

自分のスキルを活かしつつ、転職活動する場合、比較的、再就職がしやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。すんなりと転職がかなう業界としては、たえず人材が不足している医療・介護業界が代表例といえます。医療や介護では、それぞれ看護師・介護士の「資格」が必須なため、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今、医療や介護の現場で働いている人が、仕事がきついからと他の業界に転職したいと考えているのなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。したがって、容易に考えない事が必要です。異業種への再就職される場合は、異業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておきましょう。

私たちの労働環境は、今後徐々に短絡的な作業は機械化が進…

今後、私たちの労働環境において短絡的な作業は機械で対処されるようになりその変化によってそういう仕事をするマンパワーはどう考えても削減されます。というのも、簡単な労働は人間より機械のほうが圧倒的に分があるからです。数量を計測したり、同じ動作をずっとリピートしたりすることは機械なら何も不自由もありません。もちろん人間とは違って泣き言も言わず、疲れないし、適当にすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一にこなせます。また、人と違って報酬が発生しないのも大きな違いといえます。ですので、人を使う理由が到底なさすぎます。ですから機械化が当然といえます。

看護師|もしあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」にお・・

あなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」といった具合に、大都会から地方に引っ越したうえで転職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。最近では求人情報サイトの地域指定をするだけで、郊外や地方での求人情報にもタッチできます。けれども、郊外や地方での求人に関しては、都市部のような選択肢は期待できないのが事実、痛いところでもあります。したがって求人サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する転職サポートのイベントにも見逃さないようにしましょう。

看護師|失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業中でない人はもらえません・・

失業したときにもらえる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、給付される期間について規定があります。失業時までに働いていた期間によって変動し、90とか120日とか決定されるのですが、なんとこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから大急ぎで転職活動を開始してもろくなところが見つからない確率が高いです。面接に応じる担当者もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった箇所はそこそこ察しがつくでしょう。もしかすると、面接の際にそのような質問を食らう可能性もあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、採用は極めて難しくなります。