再就職する場合、それなりの準備は必要です。

看護師|再就職する場合、然るべき準備は必要不可欠です。

転職活動にあたって準備はやらなくてはいけません。そのなかでも、目に見える「ファッション」は重要なことだと感じてしまいます。とはいえ、最近の面接では、形式ばらない服装で良い会社もあるため、ビジネススーツで決めて面接に出向かなくても良いケースもあります。会社の設立してすぐの歴史のない会社ほど、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で行ったほうが、良いイメージを持ってもらえます。さらに、正装でないので、ざっくばらんに会話できるメリットも。さらに、私服を見せることで時には面接時に洋服で、相手との話が広がる可能性もあるため、面接担当者へのアピールにもなります。ということから、今後、転職は会社の「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

看護師|初めて転職を行う場合、気を付けるべきことはなぜ今の仕事を去るの・・

人生で初めて転職をする際、大切なのはなぜ今の仕事を去るのかについてはっきりすることです。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきです。その上で問題解消ができる会社を決めるのです。社会人の転職活動は、在学中の就職活動とは違って、現在の仕事を続けながら転職活動をしていく必要があるため、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。だからこそ理由が明確にされないまま転職活動をしてしまうと、途中で行き詰まる可能性が高くなります。「どうしても転職したい!」「現状を変えたい!」という強烈な気持ちがなければ、転職活動の開始はやめておくのが得策です。

今では、株・不動産投資といった、不労所得で儲けたり…

今の時代は株や不動産投資等の不労所得、もしくは個人事業や起業を目指す人も増えています。一概に「会社員以外は不安定であぶない」といったこれまでの見解も変わってきています。高度経済成長時代に関しては、どう転ぶかわからない個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが安定性にすぐれていました。そのため人生の正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に認知されていた。そんな時代は終わり、現在は、「成熟期」という風にも言い表されています。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事で、人の力を不要とする時代が到来する、とも言われています。

ほんの2ヶ月まえに、転職したというのに、慣れもしないあいだ・・

2,3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、何ヶ月もたっていないのに退職してしまうケースが意外と多いものです。何故そうなるのかと思うと私の考えでは新たな気持で職場を手に入れたはずなのに「想像していたものと堪えられほどギャップがあって幻滅した」「会社独自のルールになじめない」といったことで退職してしまうことが珍しくないといいます。このような、転職における失敗を避けるためにはやはり、転職先の情報収集を徹底する、に尽きます。職場内の環境、職場独自のルール、昇給システム、などいろいろ前もってチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

看護師|再就職の面接でほぼ聞かれるのは前の職場を辞めたのかということですが…

再就職する場合の面接で絶対に質問されるのが前の職を辞職した理由なわけです。この質問が出た際には辞めた会社を話の中心にしないほうが良いです。そこを的に絞り話が進むと絶対に悪い面を取り込んだ内容になってしまいます。この点のポイントは、どうして前の職場を退職したのかという事をこちらの会社にぜひとも入りたい理由があったからといった話に進めていくということで、自己アピールもかねて入社したい会社の方に焦点を向けていくと良いでしょう。転職理由でも、面接を行っている会社の話であればマイナス面を消しプラス面を印象づける前職を辞めた理由になります。