お見合いパーティーなどの婚活イベントにはいろいろな方・・

お見合いパーティーにはいろいろな人が参加されています。本来の目的とは違います…

お見合いパーティーにはいろいろな方が来られています。婚活イベントにも関わらず、結婚相手ではなく女友達やコンパをする相手を見つけに来た方もいらっしゃいますし、真剣に交際する相手や将来の結婚の相手を求めている方々も、もちろん複数います。女友達や合コンをする相手を求めている場合は、今後の婚活につながることもあります。だけれども、中にはまじめに女性と付き合う気などさらさらなく、その日1日だけの遊び女性を探していることも残念ながらあるそうです。私が出会った男の人の中に、「今晩一緒に過ごしませんか?」と口を開くなりすぐ尋ねてきた方がいらっしゃいました。「は?」と聞き返したのですが、彼は「夏だから解放された気持ちになるから、女性もそういう気分で来ている人が絶対いるはずと思った」という話だったのです。正直、ドン引きしてしまいました。当然お断り申し上げたのですが、私を誘ってきたその男の人は最終的にはめでたくカップル成立していたので、参加していた女性陣の中にも実際にそういう考えの方がいたんですね。非常に驚いたことでした。きっと、一生忘れないと思います。

看護師|婚活においては、相手の誠実っぽい雰囲気や、見た目のまじ・・

婚活をする上で、誠実な性格や、見た目の真面目な雰囲気が大事だと考えられがちですが、現実は、そうでもないようです。婚活が目的で行われるイベントを体験してみると、実は、コミュニケーションスキルも同じくらい求められ、楽しい話を延々とできるような相手を選ぶ傾向があると思い知らされます。男性の場合、真面目に生きてきただけのボキャブラリーの乏しい男性よりも、女性に慣れているような相手の心を掴む術を持った人の方が女性をゲットする可能性が高いです。そして、女性の場合、控えめな清楚系が婚活ではモテる、と男性は言うが、過剰に清楚すぎても逆効果です。というのも、遊びのあの字も知らない様な女性には面白みを感じられないからです。男であろうが女であろうが、どちらの場合も、とにかく楽しい話しができる人でいることが結婚活動では有利になります。肝に銘じておきましょう。

看護師|婚活(結婚活動)をしている人のなかには、パートナーに求めることとし…

結婚活動(婚活)では、結婚相手に求めることとしてお金なんかより愛情が大事!と言う人もいるでしょう。けれども、現実、プロフでまず最初に目が行くのは顔です。次に年収、その次に職業です。その根拠は、容姿がひどい人、は候補になることもなく、年収が500万円に満たない男性は実際に会うこともできないのです。職業も女性の場合は、いい歳なのに家事手伝いなどと記載していると、仕事をする気が無い人、と男性に見られて、結婚対象としてスルーされる可能性が高いです。といったように結婚活動で最も重視されることを疎かにしていると、直接会って話をする段階すら踏めず、失敗続き、と最悪な状況に陥ってしまう事にもなりかねません。

看護師|「結婚願望があるなら、男の胃袋をつかめ」と格言のように言われていて、聞いたことのある人もいるとは思いますが・・

男の胃袋を掴めばいいと格言のように言われていて、耳にした事のある人も多いとは思いますが、それは真実だと思います。結婚をすると、一緒に住むことになります。そうすると、もちろん、食事は毎日のことになるので、やはり料理好きであり家事を嫌がらない女性が求められるからです。ただし、「あなたの得意料理は何ですか?」と相手に聞かれたとき、パスタ、カレーライスと返すのは避けるべきです。男性大半は、パスタを軽い食事程度と解釈しています。それから、カレーライスに関しては調理時間は掛かりますが、ありきたりな感じになってしまうので、ルウから作る、ぐらいでないと得意な料理ですと言われても男性受けはあまり良くありません。「あなたはどういった料理が得意ですか?」と男性に聞かれたとき、ぜひお勧めしたい料理は親子丼。気取ったイメージはないですし、家庭的な雰囲気にピッタリなのですが、盛り付けが意外に難しいメニューでもあります。そのため、料理の上手な女性だな、と思ってもらうことができますし意外にも男性ウケする一品でもあるのです。ですから、実際に上手く作れるように練習しておくと良いでしょう。

看護師|結婚活動が目的で行われるパーティーに初めていったと…

私が初めて婚活が目的のパーティーに参加した際、大きなミスをしてしまいました。婚活初心者だったので、結婚活動でするパーティーの雰囲気などもわからず、一緒に出席する予定の友達ともファッションの打ち合わせなしで何も考えないで参加した婚活パーティー。パーティー会場に到着して周りを見回してみると、会場内の女性は全員、スカートやワンピース、パンツスタイルでも女性らしい上品な雰囲気でした。その点、私の格好はというと芸人のカズレーザーみたいな真っ赤なトップスに真っ赤なパンツ。アウターには黒いライダーズジャケット、足下には黒ブーツとハロウィンパーティーみたいな組み合わせ。当たり前ですが、そんな私は会場では変な目で見られ(当たり前ですが)誰ともまともに話をするチャンスすらないまま、イスにポツンと座り、何もできないままパーティーを終えました。思い出すたびに赤面するぐらい恥ずかしくなりますし、正直、人生の中でも屈指の恥ずかしい体験となりました。この日以降、結婚活動でやっているパーティーに参加する際は、友達との服の打ち合わせは欠かしません。