就職のため職探しをする場合に注意して欲しい募集内容・・

就職するため仕事探しをするときに特に注意が必要な求人は…

就職活動する際に特に注意すべき求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高めで、拘束時間が長めのものです。このような募集内容では、給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が多々見受けられるます。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間、45時間といった形で求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、はじめから給料形態に残業代を含んでおく、といった仕組みです。(注意・違法ではありません)もし『みなし残業代50時間込』という記載は「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料がもらえます」ということになるわけです。けれども、悪質な求人情報では『みなし』を意図的に表記してない可能性もあるのでよく注意をしておきましょう。

転職しようと考えている会社で見学などがあるととても勉強になります。

転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、すごく参考になります。その中でも、職人さんのいる会社では職人技を近くで見られるため、楽しくもなります。しかしながら「職人」がいる会社見学では見学者にはほとんどの場合、普段の仕事風景を見せてくれることはまずありません。その傾向が強いのはブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。個人のプライドも高い業種なので、入社した後でないと、本来の姿はみえません。ですから、見学で知った内容がそのまま仕事現場と解釈しないことがとても賢明です。さらに、見学時に実際に仕事体験させてくれる会社はキケンなので正直言って、良い会社とは言えません。入社していない段階では仮に何かあっても、それに対する保障が一切無いので、進められても角が立たないように断るほうが良いでしょう。

看護師|”石の上にも3年”という格言があります。

日本には”石の上にも3年”という教訓があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」は一般的な事柄となってきています。そうではあるものの、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらとそれを選択するのは考えものです。実際に再就職するには時期を図る必要があります。その基本として、現在の職場、仕事について具体的に、不服点を箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は箇条書きにしてみましょう。其れによって再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、もし決断したら行動を早めに取り、今より良い仕事を手に入れるべく頑張っていきましょう。

看護師|『今すぐ転職したい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるな…

『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、すぐに上司に言うべきです。ただし、ここでは曖昧な表現をするともしかすると言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、ズルズルと長引き退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職したいことを最初に直属に上司に話した時は年度末、結果的にはなぜか退職届けを出せたのは同年の11月です。本来なら、仕事が一段落した年度末を退職のタイミングと考えていたのに、スムーズにはいきませんでした。やはり人事の采配等もありますでしょうが、社員のを要望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、心底前の会社に対してのガッカリしました。

看護師|転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。今の安倍政権によって、アベノミクス「三本の矢」など、経済政策が複数、展開されています。経済政策ともに日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や企業間においても新時代となる変化が巻き起こりつつあります。それもあって一般の企業では若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人材不足」が大きな社会問題になっています。また最近では、外国人の労働者を増やして人材確保に務めていくであると現政権は宣言しています。このような社会的変化によって国内の雇用や転職事情にも、大きな影響が出てくるのは確実です。