看護師|転職サイトは大手サイトの方が掲載される会社も多いの・・

看護師|転職サイトはメジャーなサイトであるほど豊富な数の会社が掲載されているため、…

転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載され案件の量も多くなるので、約2~3社ほどとりあえずはサイトに登録しておいて、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、加えて条件に合った案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと情報収集が容易になります。ですが、初めだけは登録するのに非常に時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録する初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、次回以降応募するときのことを考えれば、最初の準備を抜かりなく行うことを推奨します。

看護師|新卒で入社した会社を退職し、一歩踏み出して転職することにしました。

新卒として入った会社を辞めて、転職すると決意しました。最初はしばらく将来が不安でした。ですが、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、中途採用で働いている人ばかりであると自らの転職活動で学び、無意識のうちに将来への不安が消えました。1回転職したことでふしぎなことに気持ちが前向きになって、「自分のやりたいこと」を見つけることが楽しいものになりました。やはり「続けてこそ意味がある」というような考えの方も、もちろんいますが、それが正しいとは限らないと感じました。私の場合、転職してみるも大事だと思いました。

今まで私は、「転職サイト」で職を探すより、私はハローワーク派でした。

これまでは求人情報は「転職サイト」よりも、主に「ハローワーク」が中心でした。なぜなら、有名どころの「転職サイト」は、システム上、都心の企業の求人がほとんどだからです。なので、転職活動をする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、求人募集をしているいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、古くから地域密着なので、安心できます。ですが、「ハローワークを利用したことがないから不安」と先入観を持っている方もいるかと思いますが、良い求人もそこそこ掲載されているので近いうちに転職予定の方は、ハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。「転職サイト」のような多くの電話やメールが繰り返し来ることもありません。

看護師|生涯初の失業保険をもらうときに、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている…

生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人がたいへん多いですが、それは間違いです。実際は、失業保険を希望通りに受け取るためには、求職活動を続けていることが条件で、その上、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月周期で担当者に就職活動の状況をきちんと説明して真摯に仕事を探していると判断されれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。もしも、真面目に就職活動をしていないと判断されたり、毎月のスタッフとの面談に参加しない場合は、決まりとして給付の一時停止の措置を取られたり、ケースによってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないよう気をつけておきましょう。

転職しようと考えたとき、そこでの自分の給与ばかりを気にする人…

転職について考えた場合、転職先での給与ばかりに気を取られる人がかなり多いです。大半の人は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費をつくるために励んでいるはず。ですから年収というのは自分自身がどのくらい評価してもらえるか、という側面もあるから、とうぜん大切なものとして扱うのは当然なのですが、でも、必要である以上に年収額ばかりを固執しすぎるのも寂しい気がします。年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な成長を遂げられるチャンスは多々あるからです。