看護師|就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。

転職活動をしていると、「年収」に関しての話題は必ず出ます。

就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接の時、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実にもらっている年収よりも多めに申告し転職先での年収を増やそうと画策するのは辞めておきましょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、一時的に信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソはバレてしまうからです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現職の年収を水増しせずに伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、今の年収が400万円の人が、転職して500万円となる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。仮に、年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくことをおすすめします。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社をそのまますぐに退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。

看護師|就労期間中は、可能ならば、周囲に悟られないよう、(私の経験談です・・

在職中は極力周りの人間にバレないよう(自身の例ですが)前職中に転身の考えをはじめのうちに社内の人間に知らせたことがありました。が、その後求人情報を散々探していたのですが、思いとは裏腹に転職するタイミングさえも何も決まらずズルズル時間がムダになるだけでした。一方、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが決定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験し、次の就職先を探すことになりました。

看護師|派遣の会社に登録しています。サイト内で気の向くままに…

このところ私は派遣会社で働いています。ウェブサイト内で何の気なしによさそうな仕事を発見し応募しようとしたところ「そのお仕事はもう別の人に決まりました」とお断りされ一瞬サイトからもお仕事の情報がなくなるのですが、どういうわけか翌日にチェックすると情報が閲覧可能になっています。それって結局私だとダメって意味ですよね。そういうことであれば初めから変に隠さないくらいで正直に言ってくれれば助かるのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはまたダミーのお仕事なのでしょうか?

20代前半に転職を2回経験し、現在、資格を取る目的…

これまで20代前半に転職を数回経験して、現在は資格を取る目的で「派遣社員」で勤務しています。常勤の勤務でないため、給料は安いのですが、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生時代にもっと資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、実際、そういった成功例を間近に見てしまうと無性に羨ましく思ったりもします。自分に自身が持てず、気にしてしまい、悩んでしまう日もありました。しかし現在では、結婚して生活環境が大きく変わり、以前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、自ずと生活が充実するようになりました。

看護師|以前はかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

私が仕事を探していた時期に何個かの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーの質も本当にまちまちでほとんどは不満足を感じる人ばっかりでした。こちらは人生がかかっているのにもっと誠意を込めて向き合ってほしいという願いが積もって、その事がきっかけで自分自身がキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格の取得はコストもかかりました。それに加えて勉強もかなり大変なわけですが、お仕事を探している人から信用される人になるべく努力しています。