看護師|あなた自身が婚活に取り組んでいるなかでもし疲れを感じている場合…

看護師|あなたが婚活にもし疲れを感じはじめているときは、少し休むようにしましょう。

  • 婚活をしていて、疲れを感じはじめてしまったら、少し休養を取るのも大切です。意気込んで婚活しているのに、いつまでたっても理想とする相手に出会えず、段々と嫌になり、落胆してしまうということは仕方がありませんし、遭遇しやすい問題でもあります。ネガティブな気持ちになるのなら、ゆっくり休憩を取りましょう。潮の流れが逆では、何をやっても良い成果は得られないでしょう。潮の流れは、変わり、チャンスも見えてくるので、その時まで婚活することから離れその時に、婚活を再スタートさせればよいのです。結婚活動の成功率を高めるためにも、気持ちの面でゆとりも必要です。なので、焦らないことが大切なのです。

    看護師|結婚活動をし始めたころ、私の友達が率先して良さそうな相手を紹介してくれ・・

  • 結婚活動していたころ、私の仲の良い友達が率先して似合う相手を紹介してもらったりすることがたくさんあり、サポートをしてもらっていました。紹介してもらう男性のことは、前もって、どんな感じの人が教えてもらえるので何の心配もなく(自分の知っている人の知り合いでもあるので)二人だけで会うことがほとんどだったのですが、そうなると、食事の席、当然お酒もありますし、お互いに大人同士ということもあるので、それなりに愛想よくするのが普通だと思うんですよ。それなのに、会うことになった男性のひとりがまともな人とはいえない態度でした。ずっと深めにかぶっていた帽子も取らず、目も見ないで、露骨に無愛想な態度をとられたのです。二人きりなのに余りにもひどいと思いました。そんな態度をとられると、よっぽど私が嫌だったのかと普通だったらそう思いますよね。なのに、帰ろうと一言も言わないんです。そうなると私の方でも、その人の態度に混乱してしまいその理由を尋ねたら、「俺、人見知りだから」と言っていました。(・・・)それを知って、呆れるほかなかったです。せっかく、色々と手配して席を設けてくれた友人になんだか申し訳なくて彼と別れた後事情を話し、謝ることにしました。ていうか、私が悪かったのでしょうか?

    結婚ができる方法ですが、「結婚活動パーティーや、結婚相談所などを通し…

  • 知っている人の話ですが、「結婚活動でするパーティー・結婚相談所を通してひたすら真面目に結婚活動をしているのに、思ったような結果がなにも出ない」そのような女性達がある方法でめでたく、婚活が成功してしまいました。種明かしをすると、単純に女性を見つけにくいほど職種に転職しただけです。そういった環境の一例としては、IT関係の会社になります。男性に比べて女性が少ない職場では、男性も女性自体が本当に少なく、職場内での恋愛が成立しやすく、それに、結婚のチャンスにあふれているのです。これまで結婚活動パーティー、結婚相談所といった場所へ行ってみたのに、理想の相手に巡り会えないのなら、職場を変えてみて出会いを求めてみるのも一つの手だと思います。

    看護師|あなたが結婚活動をしていて、デートをする際、服装やメイクだけでなく、足元まで気を配る必要があります。

  • あなたが婚活中のデートをするのであれば、メイクや服装だけでなく、足元まで気を配らなくてはいけません。デートで履く靴は意外にも注目されるところでもあります。そんなわけで、気を付けておきたいところです。女らしさというのは結婚活動をしていくうえで、とても大事な要素と言えます。服装やメイクなどと同じで、靴も女らしさを感じさせるためのアイテムといえます。女らしさを感じさせないローファーとスニーカーはダメです。また、パンプスならフラットでもいいかというと、男性が見た場合、魅力的には映りません。最低でも3~5センチ幅のヒール丈が上品で好まれます。ですが、ヒールが好ましいからといって、高すぎても問題です。7センチを超えるようなタイプのヒールは、脚はきれいに見えますが、家庭を築くにふさわしくないといった理由で、関係が破綻するおそれもあるので、極力履かないようにするのがいいと思います。

    少し前に、私は地元が主催している婚活(結婚活動)目的のイベント…

  • 少し前に、私は地元関連の婚活を目的に行われたパーティーに参加しました。そのときは私自身でも満足のいく、良い結果を出せました。その婚活が目的のパーティーでは特定の職種に限らずいろんな仕事の人が参加していたのですが、普段、接点のないような方とも話ができたしとっても楽しい時間を過ごせました。色んな内容の話をしましたが、男性と話がはずんだのは恋愛について話した時でした。私の持っている恋愛に対しての価値観や結婚観についてけっこう真剣に語ったたのですが、そのため、真面目な人として捉えられていたようです。真面目なタイプに見えたことが良かったのか、男性から受けが良かった記憶があります。婚活系(結婚活動)のイベントでは自身の誠実な姿勢をアピールしていくのが良い結果が出ると確信しています。