転職をするための活動を効率的にやっていくには、最初・・

看護師|転職をするための活動を成功させるには、なにはともあ・・

  • 転職活動をしているときは、まず常に心が静かであるということをとても大切にしたいものです。まだ会社を辞めないで転職をするための活動をするのであれば、たいして気にしなくても良いとは思いますが、退職後に行う場合、かなり心が焦燥感が出るものです。なので、冷静になりつつ、活動することを忘れないようにしましょう。自分がやってみたいことや、理想とする職場のイメージをハッキリさせておきましょう。希望する職場と比較してみて、それらが合致してるか、冷静になって見極めることが重要なのです。しっかり考えることで満足いく転職が実現します。

  • 看護師|近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合…

  • 転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、ぜひ「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当ては勤めている企業側がきちんと雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、働いている企業の都合の退職、または残業時間次第でただちに受け取ることが出来たりもします。なお、支給される「失業手当」の金額については、会社で最後の勤務月の直近の給料を基準にして手当の額を計算するので勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

  • 看護師|女性の再就職に際して、数年前とここ最近とでは若干、違ってきている点があります。

  • 女性が再就職する時、今現在とセクハラが問題視される前では多少の変化があるといいます。かつては、結婚観や出産予定に関して、一般的なこととして質問していました。ところが、今現在の流れとしては、そのような内容は、「セクハラ」にあたるとして、聞かない企業が増えています。そして、とりわけ大企業ほど、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。ただし実際、面接する側はYES・NO、の2択でなく、その人の生き方、結婚後は退職するのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを把握しておきたいとは思っているはずです。あなたの人生設計をわかっておいてもらうためにも、志望動機・自己PRと併せて言い表すことで、相手方の疑問も解消できると思います。ですから、たとえ、質問されていないことでも、あなたから気を遣って話を進めていきましょう。

  • 看護師|再就職の時の面接などの際に担当者が名刺を差し出してきたら・・

  • 再就職の時の面接などの際に担当者に名刺を手渡されとしたら、あなたも名刺を相手側に渡すべきかどうかと対応の仕方に迷った際は、ほとんどの場合は渡す必要はないと知っておくと良いですね。面接というのは仕事内ではなくて、就職活動の一環です。ですから一般的に名刺を交換する場とは違います。それに、会社の人間としてではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。ですので、もし相手の方から名刺を渡された時でも、こちらとしては、ただもらうだけでよくて、担当者に相手の方に渡す義務は少しもないと言えるのです。

  • ずっと接客業で働いてきましたが、年のせいか立って行わなければいけない仕・・

  • ずっと接客関係で仕事をしていたのですが、歳をとるにつれ立った仕事は体力的にしんどいため、座って仕事ができるオフィスワークへ仕事を変えることを考えて行動にうつりました。事務未経験の場合少々厳しくて、だから接客業の経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格試験にも合格し個人医院に転職することができました。周りは超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係に関しても複雑。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業時代よりも帰りも遅いわけですが、今はキャリアの形成時と観念して頑張ります。