看護師|違った職場がいいと転職希望者のときの場合には「1日でもはやく…

違った職場がいいと転職をする活動をしている中の人とは…

  • もっと良い会社につきたいと転職をする活動をしているときの場合は「1日もはやく、採用通知を手にしたい」と思いがちです。が、その気持ちが強くて内定を欲しいばかりに、自分自身をより大きく見せたり、あるいはその反対に自分を過小評価するかのような売り込みをするのはできるだけしないようにしましょう。そうではなくて、焦る気持ちをこらえて、冷静に客観視しつつ、あなた自身の能力にあった職場探しに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、今後のキャリアアップが図れる場所を賢く選んでみてください。

  • 昔は看護婦と呼んでいた看護師は仕事として女性比率がすごく・・

  • その昔は看護婦という名前だった看護師というのは働く者としてやはり女性の割合がたいへん高い職種です。ご存知のように気力あるいは体力ともに大きく消耗する職場ともいえます。そのために、人間関係が上手くいかなかったり、自分の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり難しい職業といえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、職場を替える人がとても多いといいます。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっているのです。ずっと、医療業界は、看護師が足りない「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

  • 転職した場合には、高確率でそれまでの仕事はほとんどは美化された記憶となります。

  • 転職した場合には、だいたいの場合は前の仕事は記憶は大方、美化されます。実際には現在の職務にダメだから良い方向に進みたいとやっとのことで退職を決め、転職したはずなのに、過去を振り返るとどういうわけか新しい会社よりも「前の職場のほうがよかった」と思う機会が増えてきます。それというのも自然なことで、前の職場では日々の仕事を把握していて、事もなく与えられた仕事ができていたのが、もっともというのもあるでしょう。その一方、「やっぱり退職なんてしなけりゃよかった」と真剣に悔やむほど、以前の会社の方が報酬もやりがいがあるケースも考えられます。

  • 転職先を探している期間は、趣味に打ち込んだり、体力を損なわない生活をしておくと…

  • 転職先を探している期間は、自身の趣味に打ち込んだり、体力の向上を意識しておくと良いです。勤務先が見つかり、いざ仕事復帰した際に、趣味に夢中になっていたことで無意識の間に集中する力が上がります。また体力アップしているために、その場の社員と比べると疲れにくいということを認識することができます。ということで、退職して次の仕事を始めるまでは興味のあるなことに集中することと、体力を落とさないようにすることをしておいて損することはありません。勤め先が決まり、職場のなかであなたと同様の趣味の人と知り合えたのなら、話が盛り上がります。ですからこれまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 転職活動をしている際に、面接において例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていれば、面接で必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機に限っては、率直に話してもかまいませんが、これと違って転職理由について隠さずに話すのはよくありません。たとえば待遇に納得できないことや、上司と相性が悪いことなど、採用担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。おそらく、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重に質問をしてきます。現職の不満を回答しないためには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そして、「御社に入ってから〇〇したいです」、「5年先はこういったことをしているだろう」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機に話題を変えてしまいましょう。