従妹の旦那の話です。新卒として入社を強く望んでいた最終目標であるA社の…

看護師|こうした話は兄の友達の話です。

  • これは友人の話です。新卒採用として入社を強く望んでいた憧れていたA社の最終面接で不採用となって、それから後不本意ながら別の会社で働くことになりました。それから3年経たぐらいに派遣求人サイトを見ていてたまたまA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、いてもたってもいられなくなり当時働いていた会社をすぐさま辞めて、A社に入って、派遣の業務を始めて、やったな、と思った行動です。必死に頑張ってその先憧れのA社で正社員として働くことができ、今は仕事のやりがいを感じながら楽しく勤めています。
  • 看護師|今の自分のスキルや資格を活かしつつ、転職をしようと考えているのなら・・

  • あなたが持つ現在のスキルを活用しながら再就職をするつもりなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と難しいものとを理解しておいてください。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、慢性的な人手不足に陥ってる医療や介護系の業種が代表でしょう。医療や介護の業種では看護師や介護士資格が必要であるため、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、何かしらの事情によって他の業界に再就職する事を考える場合、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、働き手の流動性はかなり低くなります。安易に考えないことが大切です。異業種への転職を希望するなら、他の業種では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておきましょう。
  • 私たちの労働環境は、この先、今以上に短絡的な仕事は機械に変更されて・・

  • 私たちの社会的環境において、近い将来ますますシンプルな作業は機械化が進歩していきそして、そういう仕事をする労働人口はカットされていきます。なぜかというと、簡単な作業は機械で作業するほうが圧倒的に分があるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動きを反復したりすることは機械には何の苦もないのです。人と違って泣き言も言わない、疲れもしない、不正をすることもないし、正確だし均一にこなせます。おまけに人と違って「人件費」が発生しないのもメリットといえます。こういったことから、生身の人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械化されるのは必然ともいえますね。
  • 看護師|再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」など、都市部から地方に引っ越したうえで転職した・・

  • 仮にあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移住した上で再就職したい、と感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。今では転職サイトを駆使すれば、国内のあらゆる場所の求人も閲覧できるようになっています。ですが、郊外や地方での求人の場合、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、それがマイナスといえます。したがって求人サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトも確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する就業サポートの関連情報も確認しておくとよいでしょう。
  • 失業した際に受け取れる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になります…

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、ずっと給付されるわけではありません。離職時までに働いていた期間によって変動し、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、中にはこれを知らずに失業を続ける限り給付されると勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから急いで職探しを始めても好条件の仕事を見つけるのは困難です。会社の面接担当者が馬鹿でない限り、失業中にきちんと求職活動をしていたかについてだいたいバレると思っておくべきです。相手によっては、面接担当者からそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、9割がた採用されません。