「就職エージェント」の大手になると、いろんな案件を取り扱って…

大きな転職エージェントは、たくさんの案件を取り扱ってい…

  • 転職エージェントは大手に限って、多種多様な案件を取り扱っているといえますが、それと同時に転職を希望する競合者も多い可能性が高いです。それゆえにあなたが気になる企業を探し出したとしても、転職エージェント側が「転職できる見込みがない」と判断すると応募してもらえないこともザラですし、会社から見て自分よりも評価の高い人がいれば、そちらの人を優先することもあります。つまり大規模な転職エージェントの運営元は、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っており非常に難しいので、考えを変更して比較的規模の小さなエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できませんか?と相談すると自分の利益を考えて動いてくれることもあるので、そうした活用方法もあります。
  • この前転職の準備をしようと人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 先日転職先を探すために人材紹介会社へと登録に出向きました。そこで登録カウンセリングをするために出てきた担当者の雰囲気が見たところ入社して間もない新入社員で、こちら側が説明していることの50%も彼は理解ができていない感じ。それでいて「キャリアデザインが甘いですね」とか「きちんと強みと弱みを明確化することが大切です」等、一人前の話を横柄にしゃべるからとても不快でした。カウンセラーはある程度仕事を経験している人にしてほしいです。
  • 看護師|自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は注意です。

  • 自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は注意が必要です。私が実際に経験したことなのですが、私は、もともと食べることが大好きだったのですが、以前は、レストランで仕事をしていたことがあります。そのお店での業務は、その飲食店で私が担当していた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容に関しては、不満もなく楽しんで働いていました。しかし、人間関係にすごく疲れてしまったのです。ということが引き金となり、仕事をやめることになったのですが、その影響で、食べること、そしてその飲食店でメニューとして扱っていた食べ物さえも嫌いになってしまい、その系列の飲食店は今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事に就いたばかりの頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の大好きな分野の仕事に就きたいと夢見るのは素敵なことだとは思います。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり向き合う必要があります。
  • 友人・知人からの紹介によって転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 知人からの紹介によって転職先を見つける人もいます。ただし、転職をした先の労働環境、その他の労働条件などを紹介者からの口コミ情報をあんまり信用しすぎるとあまり面倒なことになるかもしれません。口コミの中でも一人の個人の口コミは性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。知人の立場では働きやすい良い職場に映っても、自分の主観で見た場合、そうではない環境があります。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、最後は自分の目で確かめておくことも大切です。
  • 励んでいる転職活動の際に「私は今までずっとこういう価値のあるの…

  • 今やっている転職活動時、「自分は経験としてこのような種類の仕事に尽力してきました」「これまでにこのような技術に磨きを掛けました」と自分自身の実績を強調してアピールしなくちゃと考える人はわりと少なくありません。が、希望する1から始める組織で「このようなことをしてみたい」「私があげたようなことであれば貢献できるに違いない」と将来のプランを話して自身をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。