看護師|看護師という仕事の人のそれ以外の仕事に転職を決断する理由は・・

看護師|看護師という仕事の人の他の職に転職する原因は人それぞれ。色々な事情があるはずです。

  • 看護師という仕事の人のほかの職業に「転職しよう」と思う理由はその人によりけりです。どういう理由が多いかというと看護師が他の職業への転職には「職場の人間関係の中にウンザリしている」「結婚で一人とは変わって子育てそれから家族の介護など、身近な家庭環境の変化によって今までと同じような働き方が厳しくなってしまった」「現在の収入面で不満がある」といったような理由があるのでしょう。でも、転職を決める前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、改めて冷静に、そして客観的に見つめ直すことも大切です。「本当に転職する意味があるのか?」と再考したのち、決断すれば間違いが減らせます。
  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。でも、忙しく仕事を行いつつ求人情報をチェックして、その応募手続きをしたり、面接に挑む、というのは大変だといえます。転職活動を行っている間は、今の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。深く考えずに応募する、という人がいますが、もしも、書類選考をクリアし、面接が決定した後で辞退すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、それとは異なり自分でダイレクトに応募したとしても、相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを理解しておく必要があります。
  • 転職をする場合、要となるのが「面接」になります。

  • 再就職において、かなり重要なのがまぎれもなく「面接」だと言えます。よくある面接では面接官が応募者に対し、転職を決めた経緯など色々な質問が飛んできます。そしてほぼ100%、面接の終了間際に面接希望者側からの逆質問というのがされるのが普通です。面接担当の人から「弊社で働くことについて何か疑問や質問などはありますか・・?」と聞いてくれるわけです。と聞かれたときに気持ちの準備ができず、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。そうならないためにも、予め面接担当者からの質問に際し、答えを整理しておくことをお勧めします。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。
  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、仕事を探していることが必要なのです。

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、求職活動をしていることの証明が必要になりますが、ですが、「会社を辞めたことだし、少しの間でもゆっくりしたい」と思うのが現実だと思います。真面目に次の仕事先を探しているように見せることができるので教えておきます。月に一度のハローワークスタッフとの面談はあたりまえですが、その場にて、「求人票」をチェックすることを必ず行ってください。本気になって探すモチベーションがわかないときは、求人票を熱心に見ているふりをして、ハローワーク職員との面談の際に、「労働条件のいい仕事や自分がやっていけそうな仕事が意に反してありませんでした」と話して、次の機会を狙っておけば大丈夫です。
  • 転職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業クラスの場合、…

  • 再就職の際に行われる面接というのは、零細企業であればおおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官ですが、別の場合もあるようです。例を挙げるとしたら、今後一緒に仕事をする現場の一番偉い人、平たく言えば部長や課長などの管理職が面接の場にいることも珍しくありません。特に、営業や事務に再就職する場合は資格だけでは判断がしづらいので、自主的に自身をアピールしていくことがとても大事です。面接担当の人たちに「この人は、堂々と自己発言してるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、印象付けることが大事になります。