転職活動する場合に注意したほうがよい求人の募集内容は・・

看護師|転職のため職探しをする場合に注意して欲しい求人の募集内容は、…

  • 転職するため仕事探しをする場合に気を付けるすべき求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束時間が長いものです。こういった募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースがよくあります。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間とか45時間といった形で求人の内容に時間の併記がされています。毎月この程度の残業が想定されるので、あらかじめ給料形態に残業代を入れておくというものです。(ちなみに、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代50時間込』とあれば、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料がもらえます」という求人になるわけです。ですが、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』という言葉がない可能性もあるので充分に注意を払っておきましょう。
  • 看護師|転職候補に挙がっている会社の会社見学ができれば、たいへん勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社の見学ができれば、たいへん勉強になります。その中でも、「職人」さんがいる会社では、スキルを近い距離で見られるので楽しみです。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者にはたいていの場合、通常通りの働き方を見せないのが特徴です。もっとも顕著なのは、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。この業種では、癖の強い人が多いので入社しないと、本当の姿はわかりません。ですから、見学内容がそのまま仕事、と解釈しないことがとても良いです。また、見学時に実際に仕事体験させてくれる会社は問題がありますから選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでない人には万が一問題が起きたとしても、それに対する保障が無いので、仮に、勧められたとしても丁寧に断るのが無難です。
  • 看護師|昔から日本には「石の上にも三年」という教訓があります。

  • 昔から日本には”石の上にも3年”という教えがあります。終身雇用制は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は決して珍しいものでなくなっています。そうではあるものの、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。転職しようと考えるなら、適した時期というのも有るでしょう。最初に、今現在の職場、仕事の内容について、何が不服なのか、何が不適なのかをおよそ10個、探してみてください。この作業が、転職活動がスムーズになるはずです。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、尻込みすることなく、よりも良い仕事ができるよう、トライしてみましょう。
  • 看護師|『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が固いなら…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということをすぐに上司に言うべきです。なぜかというと、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、状況によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、手を変え人を変え、最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞めたいということを当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、数ヶ月働いて退職を受け入れられたのは同年11月です。希望では区切りの良い年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、大変驚きました。会社側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの希望を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでかなり職場に対して失望しました。
  • 看護師|近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

  • 政治によって変化の出始めている転職事情ですが、安倍総理による現内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たな経済政策を次々に打ち出し、内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀による金融政策と相まって、財界や民間企業間においても新たな明るい動きが顕著に現れてきております。その影響を受け、企業伸長とともに労働人口減による「人材不足」が深刻化しています。ここ何年かの間で「外国人労働者」の数を増加させ人材確保に務めていくと安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした変化によって国内の雇用や転職状況にも、大きな影響が出てくるのは確実でしょう。