看護師|転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載される数も多くなるの…

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載される案件も多いた…

  • 転職サイトは、大手であるほど掲載される会社も豊富なので、2~3社程度、ともかくウェブサイトに登録しておいて、勤務地と年収条件程度の条件一致で加えて自動で案件に関する紹介がくるようにしておくと楽に情報を集めることができます。だとしても、初めだけは登録するのにかなり時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録を行う初日は、時間がやや必要ですし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新規案件を確認するだけでOKなので、最初の準備を抜かりなく行うことを心がけるのが無難です。
  • 看護師|新卒で入った会社を辞め、勇気を出して転職しました。

  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、一歩踏み出して転職を決意しました。会社を辞めたときは、とても悩んだように思います。しかし、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであることを自らの転職を通じて感じ自然と将来の不安がなくなりました。なにより1回転職をすれば、なんというか、気持ちが楽になり、「自分のやりたいこと」を見つけることが毎日が楽しくなりました。なかには「一通り経験してから」といったような転職に否定的な意見もありますが、それが正しいとは限りません。私の転職活動は転職を決断してよかったと心の底から思っています。
  • 今までは、「転職サイト」に頼るよりいつも「ハローワーク」で探していました。

  • これまでの私は、新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」を利用していました。どうしてかというと、大きな「転職サイト」は、特性上、都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。そのため、転職は「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、求人募集をする多少企業や給料といった条件は見劣りしますが、地域密着型なため、安心して面接に進むことができます。しかし、「ハローワークは地味なイメージがある」と先入観を持っている人も多少いるかもしれません。以外にも、良い求人もそこそこ掲載されているので数年以内に転職予定の方は、参考までにハローワークへ足を運んでみてください。大手転職サイトみたいにこれでもかというくらいの電話やメールが送られてくる心配もありません。
  • 看護師|初めて失業保険を受ける際に、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている・・

  • 失業保険の給付を受けたことがない人は、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人がとても多いですが、それは誤解です。実際は、希望通りに就職活動をしなければならず、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。月ごとに担当者に就職活動の状況をきちんと説明してきちんと仕事を探していることを信じてもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。他方、真剣に仕事を探そうとしていないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談を欠席したときは、決まりとして給付が見送られたり、以降の給与資格をなくしかねないので、充分に注意しましょう。
  • 転職しようと考えたとき、そこでの給料ばかりに気を取られる…

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先での自分の給与について気にする人がけっこう少数派でもないでしょう。とうぜん大半の方は、だから生活費を給料として得るべく仕事するのだとは思います。とうぜん年収がいくらかは自分の評価という面もありますからとうぜん大切なものとして扱うのは当然なのですが、しかしながら、必要である以上にもらっている年収の額ばかりを執着しすぎる人生というのも寂しい気がしませんか?それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充実を得られることがゼロではないからです。