看護師|就職活動において、カギになるのは年収です。

就職活動において、年収は大変大切な要素です。

就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。面接の際、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき現実の年収を偽って、多く申告し、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、仮に一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結果的にウソがバレてしまうのです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、今の年収が400万円の方が、転職後すぐに500万円となる見込みはまず無理です。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが得策です。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職を余儀なくされるおそれもあるので、注意しましょう。

雇用期間にあるときは、可能であれば、同僚にバレないよ…

在職中であるのなら、状況が許す限り、周りの人に悟られないよう、(私の経験談ですが)雇用期間中に転業の気持ちのみをはじめの時期に周りの人に話して、反応を見たことがあります。でも、その後転職情報を散々あれこれ見ていったものの、就職先も時期などすら何一つ決まらず知らぬ間に時間だけが過ぎてしまいました。そしてその傍ら、会社のほうは、退職に関わる引継ぎや手続き、退職日などが決定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験し、次の就職先を探すことになりました。

派遣会社に登録して働いています。

派遣会社に登録をしています。インターネットサイトの中で何の気なしに自分に向いていそうな仕事を発見し応募しようとしたところ「その仕事はすでに他の人で話が進んでいます」とお断りされて一時的にウェブサイト内から仕事情報が閲覧不能になるのですが、なぜか翌日見るともう一度情報が掲載されています。これは結局は私だとダメだって意味ですよね。そういうことであればカドが立たないようにはっきりと教えてほしいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それともまた存在しない架空の仕事なのでしょうか?

20代のうちに転職を2回ほど経験して、そして今、資格を取る目的で…

私は20代で転職を2回経験し、現在は資格をゲットするべく「派遣社員」を選択しています。フルタイム勤務とは違うのでどうしても給料は過去の仕事よりも少ないです。ですが、以前より心と時間的な余裕ができました。学生時代にいくつか取った資格を生かして就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。やはり、実際にそのような人を見てしまうと少し羨ましさを思います。今まで私は、自分と他人を比べてしまい、劣等感を感じていましたが、しかし今では、結婚して過去と比べ生活環境が大きく変わり、以前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、充実して毎日を過ごせるようになりました。

求職中のころいくつかの人材紹介会社に登録していました。

自らが勤め口を探していたころかなり多くの人材紹介会社に登録していたのですが、転職アドバイザーのレベルにおいても驚くほど多様でそのほとんどは物足りないと感じる方でした。こちら側は人生の大事な事なのにもっと一生懸命に向かい合ってほしいという落胆した気持ちが積もりました。そんなことがあったこともありキャリアカウンセラーを志すことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るためにはお金もかかったし資格取得のための勉強面もとても大変ではありますが、求職中の人に担当者があなたで良かったと言ってもらえる存在になるべく努力しています。