あなたが結婚活動にもしも疲れてきている場合は、躊躇することなく、休むようにしましょう。

あなた自身が結婚活動を続ける中で、疲れを感じはじめてしまったら・・

  • あなたが結婚活動に取り組んでいるなかで疲れを感じはじめているのなら、迷わず休憩しましょう。前向きに結婚活動をやっているのに、いつまでも必要としているパートナーに巡り会えず、段々と嫌になって、落胆してしまうことは珍しい話ではないのです。なんとなくマイナス思考に陥っている、と気づいたら、時間をかけて気持ちを休めてみましょう。向かい風がやまない状況ならば、漕いでも漕いでも流されてしまいます。風向きは時間とともに変わり、チャンスも見えてくるので、そのタイミングが訪れるまで婚活から離れ流れが変わったときに、動き出せばよいのです。結婚活動のチャンスを掴むためには、精神的なゆとりも必要です。だから、焦らないように気をつけてください。

    看護師|結婚活動をし始めた際は、私の仲の良い友達が異性を紹介してもらったりす・・

  • 結婚活動を始めたとき、私の知人が良さそうな相手を紹介してもらったりすることがよくあり、サポートをしてくれていました。紹介してもらう相手は、前もって、どんな感じの人が教えてくれるので心配もなく(自分の知っている人の知り合いでもあるので)二人きりで会うことが多かったのですが、そういった場合、食事の席、当然のことながらお酒を飲む機会もありますし、お互いに充分大人ですから、何となく話を合わせたりするのが普通だと思うんですよ。けれども、食事することなった相手がまともな大人とはいえない態度を見せました。ずっと深めにかぶっていた帽子をかぶったままで、会話しても目も合わさず、驚くほど無愛想な態度でした。二人だけで食事しているのにそれはないですよね。そんな風に露骨に無愛想な態度をとられたら、よっぽど私のことが気に入らなかったんだと普通は思いますよね。なのに、帰ろうということも言わないんです。そうなると私の方でも、訳が分からなくなってしまって理由を聞いてみると、「僕、人見知りなんです」と言われました。(・・・)それを知って、呆れるほかなかったです。いろんなことを手配して席を設けてくれた友人になんだか申し訳なくて彼と別れた後事情を話し、謝ることにしました。私に非があるとは思えないけど。

    知っている人の話ですが、「婚活でやっているパーティーに参加したり、結婚相談所を通・・

  • 「結婚活動パーティーに参加したり、結婚相談所を通して真剣に結婚活動しているのに、まったく良い結果がでない」そういった悩みをもつ女性が、あることをしただけでめでたく、結婚を意識できるパートナーと巡り会えました。種明かしをすると、ただ単に女性の数が少なく男性に囲まれた職場に転職しただけ、なのです。例えば、肉体労働系、IT関係といった会社への転職ですね。そのような場所では、男性も女性と会う機会もない環境なので、必然的に職場内での恋愛に発展しやすく、そして、結婚のチャンスにあふれているのです。もし何度も、婚活パーティー・結婚相談所へと通ったものの、何も進展がない、といのであれば思い切って職場を変えてみて婚活していくのも一つの手といえます。

    看護師|結婚活動時のデートをするときには、ファッションやメイクだけでなく、足元まで気を配っておかなくてはいけません。

  • 結婚活動時のデートにて、ファッションやメイクだけでなく、靴にも気を配っておかなくてはいけません。デートの時に履く靴は案外、男性の目に留まるものです。したがって、注意しておきたいものです。女らしさは婚活をしていくうえで、大事な要素と言っても過言ではありません。靴というのは、女性らしさをアピールするためのアイテムなのです。ボーイッシュなイメージになってしまい、女らしさを感じさせないローファーとスニーカーは避けておくべきです。さらには、フラットなパンプスならばいいのかというと、男性から見ると、あまり魅力を感じません。理想は、3~5センチのヒールの靴が上品ですし、女性らしさもありシチュエーションには適しています。ですが、ヒールが好ましいからといっても、程度が重要です。7センチを超してしまうものになると、脚はきれいに見えますが、妻にすることに警戒されてしまい、関係が破綻するおそれもあるので、これまた避けたほうが無難です。

    看護師|地域が主催している結婚活動に関するイベントに参加したのですが、そのと・・

  • 前に、地元が主催している婚活のイベントに出席したことがありますが、そのときは私自身でも満足のいく、良い結果を出せました。その結婚活動(婚活)関連のイベントでは特定の職種に限らず色々な業種の人たちが集まっていたのですが、普段、あまり接点のない人とも話すことができたし楽しかったです。色んな話をしたのですが、男性との距離を縮めてくれたのは恋愛や結婚観の話でした。私の持っている恋愛に対する価値観や結婚観についてかなり真剣に語ったたのですが、その結果、私はとても真面目な人として映っていたようです。真面目なタイプに見えたことが良かったのか、異性からの印象が良かった記憶があります。婚活を目的としたパーティーでは自身の誠実な姿勢をアピールするのが良い結果になると確信しています。