転職の活動をしているときは、最初に常に自分の心が慌て・・

看護師|転職の活動中はとにかく、まず常にあなたの心のうちがスッキリして…

  • 転職活動をしているときは、なにはともあれとにかくあなたの心が慌てないことを意識したいものです。まだ会社を辞めないで転職のための活動を行う場合はそれほどは気にしなくても良いですが、退職してしまってから行うのであれば、人というものは焦ってしまいます。であるので、気持ちを落ち着けながら活動することを忘れないようにしましょう。今後、自分がやってみたい業務や、思い描く理想の職場などを具体的にしてみてください。そのイメージを実際の職場における合致しているかを改めて冷静に見極めていきましょう。そうすることで、転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

  • 年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうな…

  • 今年中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当は現在の会社でしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、必ずだれでももらえます。ハローワークで手続きをしてくれます。自己都合での退職なら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、企業の都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。支給される「失業手当」の金額は、会社で最後に働いた月の近々の給料を基準に失業手当の金額を算出されるため、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

  • 看護師|女性の転職は、現在とセクハラが問題視される前では若干の変化があります。

  • 女性の再就職については、今日と数年前では若干の変化があったりします。過去には面接の際に会社側から、結婚と出産についての考え方などに関して、当たり前のように質問されることが多々ありました。ところが、最近の動向としては、そういった内容は「セクハラ」にあたるとして、聞くのを避ける企業が増えています。そしてまた、名の知れた大企業ほど、かなり神経を尖らせているようです。しかしながら実際、面接する側としては、はい・いいえ、の2択ではなく、その女性の生き方、結婚した後も働きたいのか、出産後の細かい予定を当然、知っておきたいと思っているはずです。あなたの人生設計を理解しておいてもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールの中に織り交ぜながら話すことで、面接官にもしっかり伝わると考えます。質問されていない部分も、あなたから企業にとっては必要な情報と捉え、答えておくのが良いでしょう。

  • 看護師|転職の時の面接などの際にもし面接担当者に名刺を差し出された場合、…

  • 再就職の面接などにおいて名刺を差し出してきたら、あなたも相手の方に名刺を渡すべきであるのかどうかと悩んだ場合は、普通一般的には差し出す必要のないもの、と頭に入れておきましょう。転職のための面接とは仕事の一環ではなく、職に就くための就職活動の一部であるわけですから、基本的には名刺をやりとりする時間ではないのです。合わせて、あなたは立場上会社の人としてではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。それゆえに、相手の方から名刺を渡された時でも、こちらに関してはもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手の方にあげる責任は少しもないと推測できます。

  • 長年接客関係で仕事を行ってきましたが、加齢が原因か立ったお仕事・・

  • 長いこと接客業で勤め続けてきたのですが、加齢が原因か立ったまま行う仕事は体力的にしんどく、座って仕事ができるオフィスワークへ転職することを目指して活動しました。事務未経験となるとけっこう厳しく、接客の要素もある受付兼医療事務になろうと資格も取り個人の病院に転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係に関してもややこしい。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業時代よりも帰りも遅いのですが、初めはキャリアの形成時期と思って我慢します。