今と違った会社がいいと転職をする活動中の人とは「ちょっとでもはやく…

看護師|新しい職場の社員になりたいと転職をする活動をする場・・

今と違った企業がいいと転職をしようとがんばっている人の大半は「ちょっとでも早く内定をものにしたい」と思ってしまうはずです。が、そのために吉報を得たいばかり、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、その反対に能力を安く見積もった言動は可能な限り避けましょう。大事なのは焦る気持ちをぐっと抑えて、冷静かつ客観的に自分に最適の職場を見つけることに専念しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を選択してみましょう。

看護師|その昔は看護婦という名前だった看護師は仕事としてどうし…

看護婦という名前だった看護師というのは働く者としてやっぱり女性の割合がたいへん大きい職場です。しかも、気力や体力の大きく消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜん職場環境での人間関係のいざこざや、自分の結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい職業でもあります。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職希望者が多い現実があります。流動性が高い仕事であるため、人手不足の状況になっています。というワケで、どの医療機関も看護師を募集する「売り手市場」な状態で、転職の増加を後押しする状況となっています。

看護師|職を変えた場合には、大体の場合、前の会社の仕事での美化されるものです。

転職後は、大体の場合、前職の記憶は大方、美化されます。そもそも現在の職務に満足できないから、そういった思いをどうにかするために、どうにか退職を決め、転職したはずにも関わらず、時の流れとともになぜかわからないけれど新しい会社よりも「前の仕事のほうが良かったかも」と思えてくるのです。それというのも至って自然のことで、前の職では仕事をこなすことに慣れていて今よりも苦労なく日常の業務が淡々とこなせていたからというのがもっともというのもあります。ところが、「転職などするべきでなかった」と心底感じるほど、前の会社の方が職場環境や報酬が良い場合も考えられます。

看護師|転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を使うほか・・

転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、体力づくりを意識しておくとベストです。採用が決まり、復帰した際に、趣味に打ち込んでいたことで、気付かないうちに集中力がアップします。加えて、体力づくりも同時にできているため、他の社員さん以上に疲れにくいということを認識します。そのため、休職中は趣味に時間を充てることと、体力を低下させないようにしておいて損はありません。その後、その職場にて同じ趣味を持つ人とめぐりあうことができれば、会話が盛り上がります。ですから、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

看護師|転職活動を行っていると例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動を行っていて面接において高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。「志望動機」は、思ったとおりの内容で構いませんが、これと違って転職理由について隠さずに伝えるのはよくありません。待遇に納得できないことや、上司と相性が悪いことなど、面接担当者に好印象を与えるものではありません。もっとも、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。これに対して現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。加えて、この会社に入ってこんな仕事をしたい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、そのために御社を選びました、と志望動機に話題を変えてしまいましょう。