看護師|この話は知人の話です。大学生のときの就職活動でどうしても勤務したかっ…

看護師|従兄からの話です。新卒採用でなにがなんでも働きたかっ・・

友達の話です。就職活動を始めて新卒時の就職でぜひとも入社したかった憧れていたA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、ですから仕方なく他の会社に就業しました。そのあと数年経った頃に派遣の求人サイトの中で偶然A社の紹介予定派遣の仕事を発見して、どうにかしたくなって当時働いていた会社をすぐに退職し、A社で派遣就業を開始、やったな、と思った行動です。必死に頑張ってそれから先なんとかA社で正社員として働くことができ、今は仕事のやりがいを感じながらいきいきと勤務しています。

看護師|自分のスキルを有効活用しつつ、再就職をしようと考えているのなら…

今あるスキルが有利にはたらくように転職をするつもりなら、再就職がしやすい業界と、比較的、転職が難しい業界がある事を認識しておきましょう。転職しやすい業界は、たえず人材が不足している「医療・介護」系が代表的といえます。医療・介護の職種では看護師および介護士資格が必要であるため、ハードルが高く、売り手市場となっています。今現在、医療従事者として働いている人が、理由あって他のジャンルへ再就職してみたいと思う場合は、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」以外の業界は、流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。安易に考えない事が必要です。再就職を実際に行う際は、他の業種では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので気をつけておきましょう。

今後一段と簡単な労働は機械に差し替えられていき当然の結果とし…

この先、私たちの社会的環境においてぐんぐんとシンプルな仕事は機械に交代させられていきその結果、マンパワーは少なからず縮小させられてしまいます。というのは、短絡的な仕事は人が作業するよりも機械でやったほうが数段に作業量をこなせるからです。数量をカウントしたり、同一の作業をずっと繰り返すのは機械にはへっちゃらです。人間とは違って言い訳もしないし、ペースが変わらないし、適当にすることもないし、正確な作業ですし、均一にこなせます。また、人と違って「人件費」も発生しません。わざわざ生身の人間を使う意味が無さすぎるため、機械化されるのは当然の結果といえます。

看護師|あなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」といった形・・

あなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に移住しつつ、転職したいと考える人が増加傾向にあります。ここ最近は求人情報サイトをうまく活用すれば、地方や郊外の求人も簡単に得られますが、残念ながら地方での求人の場合、都市部のような選択肢は期待できないので、その点がマイナスといえます。といった性質上の問題があるので、転職サイトを活用するのは当然ですが、求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも定期的にチェックしておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する就業サポートの有無も見ておくと間違いがありません。

失業した人に給付される失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが・・

失業者が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、期間に制限があります。失業時までに働いていた期間によって3か月とか1年とかが決まるのだが、なんとこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り急いで仕事探しを始めても好条件のところを見つけるのは至難の業です。会社の面接官も無能では無いので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった点は大よその想像が付く。運が悪ければ、面接の際に失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、まず受からないでしょう。