お見合いパーティーには様々な人が来られています。

看護師|お見合いパーティーなどの婚活イベントには様々な方が出席しています。婚活イベントにも関わら…

  • お見合いパーティーなどの婚活イベントには様々な人が来ています。結婚相手ではなく女友達とかコンパの相手を探している方もいますし、心から、本来のイベントの意図に沿って交際する相手や将来の結婚の相手を見つけに来た男性も、もちろん大勢います。女友達とか合コン相手を探しにきた場合は、先の婚活につながる可能性もあります。しかしながら、参加者の中には熱心に女性と付き合う気などさらさらなくて、単にその日一晩だけの遊ぶ女性を求めているケースも非常に残念ながらあるようです。私が出会った男性の中に、「今夜どうですか?」と口を開くなりすぐ聞いてきた人がいました。「は?」と聞き返したのですが、彼は「夏なので解放された気分になるので、女性もそういう気分で来ている人が絶対いるはずと思った」という話だったのです。もちろんお断りしたのですが、その男の人は最後にはカップルになっていたから、参加していた女の人の中にも本当にそういう考えの人がいたということです。ものすごく驚いた経験でした。

  • 看護師|結婚活動をする上で、誠実っぽい雰囲気や、真面目な人かどう・・

  • 結婚活動においては、誠実っぽい雰囲気や、真面目であるかどうかなどが大事であると思われがちですが、実際には、そうでもないようです。いざ婚活でするイベントを体験してみると、実際には、会話スキルも同じくらい重要で、楽しい話ができる人に人気が集まるのを目の当たりにします。男性なら、これまでまっすぐに真面目に生きてきただけのボキャブラリーの乏しい人よりも、冗談を言って場を和ませられる人のようにコミュニケーションスキルが高い人のほうが女性から人気が集中します。また、女性は控えめな清楚系が婚活ではモテる、と男性は判断していますが、過剰に清楚すぎても逆効果です。なぜならば、遊びのあの字も知らないタイプの女性にはまったく面白みを感じられないからです。男性であろうが女性であろうが、どちらにしても、楽しく会話ができる人でいることが結婚活動では有利になるのです。覚えておきましょう。

  • 婚活をしている人のなかには、パートナーに求める条件とし・・

  • 結婚活動をしている人のなかには、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれた場合お金よりも愛情が大事と言う人もいるでしょう。しかし、実際には、プロフ欄で最初に見られるのは「顔」です。次に年収(経済力)、その次に職業が注目されます。その根拠といえるのは、見た目の悪い人、は候補になることもなく、年収が500万円を下回る男性の場合ですと、会うことも難しいです。職業に関して女性の場合は、けっこういい年なのに家事手伝いなどと書くと、仕事をする気が無い、と男性から判断されて、結婚相手としてはずされる可能性が高いです。このような婚活で最も重視される事実を理解できていないと、まず第一段階である会って話をするところまでいかず、通算で何十連敗、、と最悪な状況に陥ってしまう事態にもなりかねません。

  • 看護師|男性の胃袋を掴めばいいと古くから言われていて、耳にした事のある人も多いとは思います…

  • 「結婚したいなら、男性の胃袋をつかむのが近道」と耳にした人もいるとは思いますが、実際にこれは本当のことです。なぜなら、結婚をすると、普通で考えれば、一緒に暮らすことになります。そうなると、言うまでもなく、一緒に食事を行うため、やはり料理するのが好きで家事を率先してやってくれる女性が必要とされるからです。・・・が、「どういった料理が得意ですか?」と相手に聞かれたときに、カレーライス、パスタと答えるのは控えたほうが良いです。大抵の男性は、パスタでは満腹感を得られません。また、カレーについては市販のルウさえあればいいので、市販のルウは使わない、ぐらいでないと得意料理ですと答えられてもガッカリされてしまいます。「あなたの得意料理は何ですか?」と相手に質問された際、お勧めしたいメニューは「親子丼」です。気取ったイメージはありませんし、非常に家庭的な温かい雰囲気がありながら、盛り付けが意外に難しいメニューでもあります。そのため、料理が本当に得意なんだ、と思ってもらうことができますし男性からの評価もまずまずなので、得意とアピールできるよう、練習してみてはいかがでしょう?

  • 初めて結婚活動でやっているパーティーに出席した時、大失敗をしでかしました。

  • 結婚活動目的で開催されるパーティーに初めて参加した際、大きなミスをしてしまいました。婚活をスタートさせてから日が浅い初心者だった事もあり、婚活に不慣れで一緒に結婚活動パーティーに参加する予定の友達とも洋服の確認をすることなく参加したのです。会場に入り周囲を見てみると、会場内にいる女性は全員、ワンピースやスカート、パンツでも女性らしい上品な雰囲気をまとっていました。その点、私のファッションはというとカズレーザーさんみたいな真っ赤なトップスに真っ赤なパンツでした。そして、アウターには黒いライダーズジャケット、靴は黒いブーツと、一切空気を読んでいないような姿です。予想するまでもなく、そんな私は会場では空気のような状態で、誰からも一切声をかけてもらえずイスでちょこんと座り、何もできないままパーティーを終えました。いまだに、思い出すと赤面するぐらい恥ずかしいですし、人生の中でも屈指の恥ずかしい体験となりました。以降、結婚活動で行われるパーティーに出席するときは、友達との服の打ち合わせは欠かしません。