看護師|看護師という仕事の人のほかの職に転職に至る理由は、人によりけりです。

看護師という職の人のそれ以外の職に転職に至る原因・・

  • 看護師でありながら違う職業に「転職しよう」と思う原因は一人ひとり違います。それを見てみると看護師でありながらの転職には「職場の中に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚でライフスタイルの変化によって出産加えて子育てそのうえに家族の介護など、さまざまな変化によってこれまでと同じようには働き方が厳しくなってしまった」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。ですが、転職前に、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、ゆっくりじっくりと現在の状況を客観的に見つめ直すことも大切です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断すれば間違いが減らせます。
  • 今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。

  • 転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。しかし、仕事を続けながら求人情報を調べながら、その応募手続きをしたり、面接を受ける、というのはハードだといえます。加えて、転職活動中は、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接の連絡が来た後で辞退すると厄介な事態となるかもしれません。エージェントを通している場合はそのエージェントからの評価が落ちますし、他方直接応募していた場合も応募した会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。新卒の就活とは全くことなることを覚えておきましょう。
  • 転職する際、重視されるのが「面接」です。

  • 転職をするときに比較的重要視されるのが「面接」です。普通の面接では応募者に対して、転職事由や仕事の意気込みなどさまざまな質問を投げかけるでしょう。そして、面接の終盤になると、今度は、転職希望者から面接担当の人に逆質問というのがされるのが普通です。面接担当のスタッフから「何か弊社について疑問点はありませんか?」と言ってくれるわけです。こんな時は、面接者本人が緊張しすぎてアタフタしてしまうかもしれません。後々後悔しないように予め面接官からの問いに対する、聞きたいことを準備しておきましょう。冷静に考えてみればいくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。
  • 看護師|失業保険を毎月、給付してもらうには、職を探しているという証明が必要となります。

  • 実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、ですが、現実的には「会社を辞めしばらくは遊んでいたい」と思うのが現実でしょう。ということで、真剣に次の仕事先を探しているように見せることができるので教えておきます。月に一度のハローワークスタッフとの面談は当然ながら必要ですが、そこで、「求人票」をチェックすることを最低限やっておく必要があります。真剣に探す気持ちが出ないときは、求人票で職探しをしているフリをして、ハローワークスタッフとの面談の際に、「納得できる条件の仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が今回はありませんでした」と相手に報告し、次の機会を狙いましょう。
  • 再就職時の採用面接では、中小企業であれば、「人事」が面接官ですが、…

  • 再就職のときに行われる面接というのは、中堅企業であればほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、100%ではないのです。直接、これから仕事をすることになる作業部署の一番偉い人、一言でいえば部長・課長などの中間管理職が面接する可能性も考えられます。とりわけ、事務・営業といった部署に転職する場合は、資格による見極めが難しいですから、なんといっても自分をアピールしていくようにしたいものです。面接担当の人たちに「この候補者は、きちんと自己主張できるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大切です。