看護師|転職先にて、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

転職の予定があるのなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職先にて、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。特に、転職した年度は、ほとんどの場合「試用期間」が含まれているというのが可能性は少なくありません。自らの転職したときは、労力を費やして転職したというのに、なんと前職の年間報酬と見たところ同額だったことがあります。さらに、業務内容はかなりキツく、かなり責任重大な立場でもあったので、初年度をクリアするのにものすごく苦労しました。そのような経緯から初年度はいわば勉強の年と割り切って、状況が許す限りやれるだけ転職前の段階で貯金しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。
  • 派遣社員としてある会社で働くことになりました。

  • 派遣でのお仕事が決定しました。勤務1日目に派遣会社の営業の担当者と就業先の会社近くのコンビニで待ち合わせたところ、彼がどういうわけか約束した店の前にいないので中にいるのではないかと考えコンビニの中に入ってみたら彼はなんと雑誌コーナーのところで座り女性の裸が載ったグラビアページを開けてじっど見ていました。こんな担当の方の仕事なんて人間として恥ずかしいことと考えて、挨拶もせず気付かれないようにコンビニを出てすぐに派遣会社に辞退すると連絡をしました。
  • 転身を視野に入れているならいろいろな会社の情報を日常的にチェックすること・・

  • 再就職を予定しているのなら、頻繁にたくさんの会社を定期的にチェックすることが、就職先を選びやすくなります。今の職場にやりがいを感じられないと思っている場合、転職活動する際、どんな企業でもいいように見えます。そうなると、どの会社を選択していいのか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。そのため、最終的には早々に不満が募ってしまうこともあるので事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておいたほうが良いのです。転職したい会社の雇用面だけを見るのではなく、その会社の「取引している会社」も要チェックです。透明性を重視する企業は、取引先情報を開示していますし、逆にそういった会社ではない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますからその点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。また、企業によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループの名前を調べて、内容を確認してみてください。
  • 看護師|パソコンやスマホを見ればネットで見られる世界では今で・・

  • パソコンで調べればネットで見られる世界にはいわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱい存在しています。サイトから自分の目的にあった転職先を探すためにも、まずは情報を集めることが必要です。転職サイトをうまく使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職が実現します。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む有益な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。使い慣れないうちは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみてください。
  • 看護師|転職活動を行う際の最後の難問として、「現職の退職」があげられると思います。

  • 転職活動をする際の最後の問題として、現在の仕事を辞めることがあります。転職先の会社から採用の内定をもらえたとしても、現在働いている会社が退職を引き留めしてくる可能性があります。仮にそうなったとしても、負けることなく退職する、という強固な信念を維持することが大切といえます。会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくります。それから、決定権を持つ上司と談判し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」とはっきり伝えます。円満退社という形をとることも転職活動で大切なポイントとなります。