就職のため仕事探しをする場合に特に注意が必要な求人情報・・

転職活動するときに特に注意が必要な募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高…

転職するため仕事探しをする場合に注意して欲しい求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長めであるというものです。こういった案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースがよくあります。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間、45時間というように(時間は例えです)求人の記載内容に時間の併記がされています。月の中で残業が発生することが想定されるので給料に残業代を入れておく、といった仕組みになります。(この仕組みは合法です)もしも『みなし残業代30時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料です」という話になります。でも、悪質なブラック系の求人では『みなし』という言葉自体がことも少なくないのでしっかり注意をしておきましょう。

転職したいと考えている会社の会社見学ができれば、すごく参考になります。

転職しようと考えている会社で会社見学などがあるとすごく参考になります。とくに、職人さんのいる会社では職人技を近くで見られるため、楽しめます。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、本当の現場を見せることがまずありません。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカーなどのジャンルです。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に仕事を始めてみるまでは、本来の姿がわかりません。なので、仕事=見学で触れた内容と決めつけないことが大切です。それに加えて、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社はキケンなので正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでいない段階ではケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保証は一切ありません。仕事体験ができる、と言われても丁重に断るのが無難です。

看護師|昔から日本には「石の上にも三年」という教訓があります。

古来より日本には「石の上にも三年」という格言があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでなくなっています。しかし、「転職」が当たり前になったからといっても、軽はずみな気持ちで転職を繰り返すのは大変な問題となります。転職するつもりなら、大切なのは適した時期を見逃さないということです。必ずや現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、嫌だと感じいているポイントを、およそ10個、探しておきましょう。そうしておくと、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ手早く、今より良い仕事を手に入れるべく取り組むことが大切です。

『今すぐ転職したい!』と思っている人でその意志が本当に強いものであるな…

『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人でその意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨を速やかに上司に伝えましょう。なぜならばそのときに曖昧な表現をしていると、上司に言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、手を変え人を変え、最終的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞めたいということをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際ではなぜか退職届けを出せたのは同年の11月です。本来なら、仕事の落ち着いた年度末を区切りにしたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。やっぱり会社サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、その会社に対しての職場に対して信頼はなくなりました。

看護師|最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。現在の安倍政権では、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済政策が続々打ち出されています。日銀の金融政策ともミックスされて、財界・企業間でも今までとは異なった変化が出つつあります。そういった変化が加わったことで、企業伸長とともに今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」がとても大きな社会問題となっています。また最近では、外国人の労働者も現状以上に高めていく前提と現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、国内の雇用状況や転職事情も大きな影響を及ぼす事になるでしょう。