転職先での会社での採用面接でのしてはいけないのは露骨なまで・・

看護師|転職活動中の採用面接に関して、勘違いしている人が多いのですが…

転職の際に欠かせない会社の面接に関して、よく思い違いがあるのですが良い印象を与えたいと必要以上に猫かぶりをすることです。すると残念なことに悪い結果につながります。そうならないためにその場を繕うのではなく面接時は、「育休」などの、普通であればかなり質問しづらいことを勇気を持って率直に訊いておくと、結果的に間違いなく自身のためにもなります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なそういった質問をすると最終選考に採用されないのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、けれど良い結果になることは少なくないようです。これらの「お金」や「労働環境」に関連する内容は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。その反面、多くの人が気を遣って普通は質問できません。しかし、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「こいつは他と違う」ということで自己アピールになるのです。

転職先を探すにあたって、仕事におけるやりがいアップと一緒・・

転職するなら、言うまでもなくやりがいのある仕事か考えることも重要だけど給料が増えることも大きなポイントになるので「年収サイト」というサイトに登録をして事前に調べています。全く同一の会社で一緒の職種、経歴であるにも関わらず人によってすごく幅がある場合も数多くあって、ぶっちゃけて言うと面接の時質問をしたことがあります。面接をした人も同じサイトを見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いたのは誰だろうと察しがついてるのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。

看護師|これから先、転職活動をされるなら、気になった求人(OR 業界)…

転職活動しているとき、気になる求人(OR 職種)を見た際にしっかり「〇〇業、ブラック」とインターネットでチェックしておきましょう。求人票・転職エージェントでは、まずその業界のデメリットなどは、教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、インターネット検索を活用することですぐに多くの事例に触れられるはずです。そのような検索をしないまま、入社した場合、後々に痛い目にあいます。その求人が出されていた理由が「業務内容がキツく、人が辞めて穴が開く」といった場合も多くあります。気になった案件について、しっかり調べた上で応募しましょう。

ある古物商の人員募集にて、書類選考をクリアしました。すぐ…

とある古物商のお店で、書類選考に受かったので、担当者から面接日時を告げられました。ですが、面接日当日、行ってみると、どうしてか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待って、所長と思しき人が面接に応じてくれましたが、終始非常に面倒くさそうな態度を見せてやっとのことで面接は終わりました。でも、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、いてもたってもいられず、こちらから問い合わせると「郵送で今日、送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、結局届かず、そんなわけで改めて電話した結果、驚くことに、「残念ですが不採用とします」、と勝手に電話が切られてしまいました。しばらく言葉を失いましたが、正直、不採用でよかったです。

看護師|最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増えてきました。あなたに特許権取得の経験があるなら、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。彼らは、特許権を獲得した人に加えて、研究開発で論文を提出したことのある人や、マスコミによって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残した人をターゲットに、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。もしも、あなたがヘッドハンティングと疑われることを言われたなら、思い出してみましょう。近年はヘッドハンティングと称して、登録料を要求しようとする会社もありますが、たぶん嘘なので、きっぱりと断るようにしましょう。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が払う必要はありません。