看護師|就職活動において、年収はとても大切な要素です。

看護師|就職活動において、年収は絶対に無視できません。

就職活動において、年収は大変大事なポイントです。大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一時的に騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。なお、年収400万の人が転職して500万円となる可能性はないものと考えておくべきです。もし、現在の年収が430万円であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが正しいです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、退職に追い込まれるおそれもあるので注意が必要です。

雇用期間中なら、できたら、会社内の人にバレないよ・・

就労であるのなら、可能なかぎり会社内の人に気づかれないように、(ちなみに私自身のときは)雇用期間中に転身の考えを早期に社内の人間にほのめかしたことがありました。ですが、その後転職情報を必死に色々と探してみたのですが、結局転職先や転職時期さえも何も進めていたので、ズルズル時間を空費する結果に。そしてその一方、会社の側は、業務の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したのち、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

看護師|今、私は派遣で働いています。サイト上でなにげなく自分に合っていそうな仕事・・

今、私は派遣の会社に登録しています。インターネットサイト内で何の気なしに条件のよい仕事を探し出して問い合わせたところ「そのお仕事はもう別の方に決まりました」と言われてしまい一瞬ウェブサイト上からお仕事の情報が消えるのですが、翌日に閲覧すると再び載っています。ということは結局は私だとダメって意味ですよね。そうであるならばプライドを傷つけない程度に正直に伝えてくれるといいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。それとももしかして存在しない仕事を載せているのでしょうか?

看護師|20代前半に転職を2度経験して、現在は資格を取る目…

20代前半の時点で転職を2回し、現在は資格を取るべく派遣社員になりました。フルタイムの勤務とは違うので手取りが以前よりも少なくなりました。しかし、心と時間に大きな余裕が生まれました。学生時代に取った資格を生かして就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、実際にそのような人を見てしまうと自分もこうなりたかったと感じたりもします。以前の私は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、落ち込むこともありました。しかし今は、結婚して私の生活そのものが大きく変化し以前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので充実して毎日を過ごせるようになりました。

勤め口を探していたころ何社かの人材紹介会社に登録していました。

自分が仕事を探していた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に特に感じたのは転職アドバイザーの質も多種多様で大抵は不満を感じる人ばかり。私にとっては、とても大切なことなのにもっと誠意を込めて臨んでほしいという気持ちがこみあげていてその事がきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得には費用もかかったし勉強の面もかなりハードではありますが、就職活動の際に担当者があなたで良かったと言ってもらえる人になるために頑張っています。