結婚活動を続けていて、疲れているときは、迷わず休養を取るのも大切です。

看護師|婚活を続けていて、疲れてしまったら、躊躇することなく、休息を取りましょう。

  • あなた自身が婚活を続けていて、もしも疲れてしまったら、ムリをせず、休養を取るのも大切です。集中して、結婚活動をやっているのに、理想とする相手に出会えず、嫌になって、気持ちが滅入ってしまうことは割とよくある出来事なのです。どうしてもネガティブな気持ちになるのなら、気持ちを休めてみましょう。向かい風が強く吹いている状況ならば、いくら努力しても、限界がありますし、何より非効率です。潮の流れは、時間とともにあなたにとって良いものに変わるはずなので、その時まで婚活から離れ流れが変わったときに、改めて結婚活動を再スタートさせればよいのです。婚活は楽しくゆっくりと、精神的なゆとりも必要です。ですから、焦らないことが重要なのです。

  • 看護師|結婚活動していたころ、友人が相性の良さそうな相手を紹介してく・・

  • 結婚活動を始めたころ、私の仲の良い友人が率先して良さそうな人を紹介してくれることがたくさんあり、色々と世話をしてもらっていました。紹介してくれる男性については、前もって、どういったタイプの人が教えてくれるので不安に思うこともなく二人だけで会うことが多かったのですが、そのような場所では、食事の席、お酒もありますし、お互いに大人なので何となく話を合わせるのが常識ある大人だと思うんですよ。ところがです!出くわした男性がまともな大人とはいえない態度だったのです。オシャレを決め込んでいるのか知りませんが深めにかぶっていた帽子を脱がないまま、会話しても目も合わそうともしないで、驚くほど無愛想な態度だったのです。二人きりで食事しているのにそれはないと思いました。そんな風に露骨に無愛想な態度をとられると、私が嫌だったのかと普通だったら思うと思うんです。なのに、帰ろうと一言も言ってこないんです。そうなると私の方でも、その人の態度に訳が分からなくて思い切ってその理由を尋ねたら、「僕、人見知りだから、話すのが苦手で」と。(・・・)それを知って本当に呆れ果てました。わざわざ一席設けてくれた友人に申し訳なくて謝ることにしました。ただ、私が謝る意味があったのかは不明です。

  • 聞いた話ですが、「婚活でするパーティーや、結婚相談所などを通し・・

  • 知っている人の話ですが、「婚活パーティーや結婚相談所を通して真面目に婚活をしても中々上手くいかない」そんな女性達がとある方法で結婚相手と出会うことができました。シンプルな方法ですが、その方法というのは、ただ単に女性がほとんどいない職種へと転職しただけなんです。例えるなら、T系の仕事への転職ですね。男性に比べて女性が少ない場所では、男性も女性と会う機会もない環境なので、必然的に職場恋愛が成立しやすく、そして、結婚のチャンスに恵まれるのです。もし今まで、婚活でするパーティーや結婚相談所へ参加してみたけれど、思ったような成果が全く出てないのであれば、職場を変える、という全く別の方向から攻めてみるのもありだと思います。

  • あなたが婚活をしていて、デートにて、ファッションやメイクだけでなく、靴にも気を配っておかなくてはいけません。

  • あなたが婚活をしていて、デートをする際、メイクや服装だけでなく、靴にも気を配る必要があります。デートで履いていく靴は思いのほか注目されるところでもあります。ですから、注意しておきたいものです。女性らしさというのは結婚活動をしていくうえで、かなり大事な要素と言っても過言ではありません。ファッションやメイクなどと同じで、靴も女らしさを感じさせるためのアイテムなのです。女らしさを感じられないローファーとスニーカーは絶対に避けましょう。加えて、ヒール丈の無いフラットなパンプスも男性が見た場合、魅力を感じないでしょう。及第点といえるのは、3センチ前後のショートヒールが上品ですし、女性らしさもあり好まれます。ただし、ヒールが好ましいからといっても、ほどほどが肝心です。7センチを超えてしまうと、脚はきれいに見えますが、家庭を築くにふさわしくないといった理由で、嫌われるので、履かないほうが無難です。

  • 地元関連の婚活が目的のイベントに出席しました。そのときは…

  • 以前、地方密着型の婚活系のイベントに出席して、私自身でも満足のいく、良い結果を残せました。その結婚活動(婚活)目的のイベントでは的を絞ったものではなく色々な業種の人たちが集まっていたのですが、普段、接点のないような男性とも話すことができたしとても貴重な体験ができました。様々な話しをしましたが、男性との会話ははずんだのは恋愛について話した時でした。私の恋愛に対しての価値観や結婚観についてけっこう真剣に語ったたのですが、その結果、「真面目な人」に映っていたようです。私が真面目なタイプの女性に見えたことが良かったのか、異性から受けが良かった記憶があります。結婚活動(婚活)に関するイベントでは自分のもつ、誠実な部分をアピールするのが良い結果になると確信しています。