転職をするための活動をしているときは、何よりも自身の…

転職活動中はとにかく、まず必ず心のうちが沈着であることを…

  • 転職の活動をしている最中は、必ず自分の内心が慌てないということを大事にしたいものです。今の会社で働きながら転職をするための活動をする場合はそれほどはないかもしれませんが、退職したら行う場合にはどうしても心のうちが焦りが出てしまいます。ですので、気持ちを落ち着けながら活動を続けましょう。将来、自身でやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。そして、候補の職場と比較してみて、合致しているかを冷静になって考えてみてください。しっかり考えることで良い転職先が容易に見つかるはずです。

  • 年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合…

  • 今から転職活動を考えている人で、次までの仕事にまだ期間がある方は忘れずに「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これは勤めている会社側が「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、3か月の待機期間があるのですが、場合よっては会社都合や残業時間によってはただちに貰える可能性もあります。このときの、もらえる「失業手当」の金額については、会社で最後に受け取った月の直近の給料がもとになって計算されるため、勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

  • 女性が転職するに当たって、現在と数年前では少なからず、違ってきている点があります。

  • 女性の再就職において、現在とセクハラが問題視される前では少なからず、変化が見受けられます。過去には面接の場で会社側から、結婚の予定や出産後の方針などについて、質問されることが多々ありました。でも、最近では、その手のデリケートな内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、聞かれないことの、ほうが増加傾向にあります。また、世間に名の知れた大きな会社ほど、NG質問として神経質になっています。が実際、面接する側は〇か×かの2択ではなく、その人が、結婚したあとどうするか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを知っておきたいと思っています。自らの価値観を知ってもらうためにも、自己PRや志望した動機とともに話すことで相手方にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると思います。ということで、たとえ、質問されてない箇所についても、あなたが先んじて会社にとっては必要な情報と捉え、話を進めていきましょう。

  • 看護師|再就職における面接などに関してもし名刺を渡された時、…

  • 転職での面接などの時に面接担当者に名刺を手渡されたら、あなたも相手の方に名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と迷ったら、おおむね渡さなくても良いと思っておきましょう。転職のための面接というものは仕事の一環ではなく、職に就くための就職活動の一部です。ですから基本的には名刺をやりとりする時とは異なります。また、あなたは立場上会社の人としてその場にいるのではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。ですから、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらにおいては名刺をもらうだけでよくて、相手側に渡すことは必ずしもないと思います。

  • 長期間接客業で勤務を続けてきましたが、年のせいか立ち仕…

  • 長く接客業で仕事を行ってきましたが、加齢が原因か立ったままのお仕事は体力的にしんどく、座り仕事であるオフィスワークへ仕事を変えることを目指して行動にうつりました。事務未経験となると簡単にはいかず、そこで接客経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格を取得して個人医院に転職しました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係に関しても複雑。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客業時代よりも帰る時間が遅くなったのですが、まずキャリア形成の時だと割り切って頑張ります。