違った会社がいいと転職活動をしている場合、「1日も早…

今と違った企業につきたいと転職をする活動をする場合に…

  • 今と違った職場につきたいと転職で活動している場合は「ほんの少しでもはやく、内定が欲しい」と考えてしまうはずです。しかし、そのために良い知らせを得たいばかり、自身をより大きく見せたり、その反対に自分を過小評価するかのような行動はなるべくしないようにしましょう。焦る気持ちはぐっと抑えて、冷静になりつつ、あなたに適した職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでのキャリアを活かせるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を見極めましょう。
  • 以前は看護婦という名前だった看護師は職業としてや…

  • 昔は看護婦という名前だった看護師というのは資格としてどうしても女性比率がかなり高い職です。加えて、気力それに体力をかなり消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。とうぜん職場での人間関係の問題や、自分の結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立が取りづらい職業ともいえます。実際、上記のような点に行き詰まり、転職希望者が多いのが現実です。過酷な環境ということもあり、看護師は、慢性的な人材不足になっているのです。なので、各病院は、看護師を欲する「売り手市場」であり、これが転職の希望者が後を絶たないスパイラルになっています。
  • 看護師|職を変えると、だいたいの場合は以前の会社の仕事での大方の出来事は美化されます。

  • 転職すると高確率で以前の仕事での多くの出来事は美化されます。本当のところ今の仕事内容が問題があるから、それを解消するために思い切って転職することになったのに、昔を思い返すとなぜかわからないけれど転職後の会社よりも「前の職場のほうがマシだった」と思ってくるのです。それというのも無理はなく、前職では仕事に慣れていて、すんなりと毎日仕事が淡々と消化できていたのも一番の大きい理由ですが、しかし、「転職などするべきでなかった」と真剣に思うほど、過去のほうが環境や人間関係が良いことがあります。
  • 看護師|転職先を探している期間は、自身の趣味に没頭したり、体力を低下させないようにしてお…

  • 転職先を探している間は、自身の趣味に打ち込んだり、体力づくりを意識しておくと良いです。仕事を再開したときに、趣味に打ち込んでいたおかげで無意識のうちに集中する力が高まっているのです。また体力づくりも同時にできているため、その場の社員と比べると体力が持続するということを認識します。というわけで、休職中は運動なども取り入れて体力を低下させないようにしておいて損はありません。再就職先が決まり、同じ会社内で同じ趣味を持つ人と知り合えたなら、話が盛り上がります。ですからこれまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 転職活動で面接において高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動で面接時に高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、隠さずに話しても問題ありませんが、転職理由について隠さずに伝えるのは問題です。例をあげれば給与が納得できないことや、同僚や上司とのトラブルなど、あまり良い内容ではありません。たぶん、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そしてさらに、この企業に入ってこんな仕事をしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。