転職を度々しないための対策は至ってシンプルです。

退職と転職を度々しないためには、コツが要ります。

転社を度々しないための術が一つだけあります。スキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返しません。今ではネットを用いて精神面を強くする自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。また、転職と異なる行動をする事もメンタル面を強くすることが可能です。何かと言うとズバリ「外国に行くこと」です。海外旅行に行くと、生活習慣も文化も、そして言語も、違うことばかりなので、大きな刺激を常に得られます。なので、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。この状態のまま、(転職のための)面接に臨めば、これまでとは比べようがないほどに自信満々に自己アピールができるはずです。どうしても、退職間もないあいだは、メンタルが弱気になりやすいので、気力が回復したと思えるまで、しっかり休みましょう。

転職する場合は、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たり・・

転職活動をするとき、まず第一にウェブサイト、求人票、企業パンフレットなどで転職候補先の会社を調べるでしょう。とはいっても、その会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す達人です。不都合な内容を公表する場合も、表現に神経をとがらせています。そういった類の社長の方針や社員の感想に関しては、それを事実として見るのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。額面通りに受け止めて入社してしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後悔することになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、いろんなイチャモンをつけて退社させないように仕向けています。この手のブラック企業には注意しましょう。

派遣社員として働く人が現在増加する傾向にあります。

派遣会社に登録して仕事をする人が過去の規制緩和以降、多くなっていますが、もし、あなたが派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に入るのかをなるたけ面接のときに聞いておくべきです。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムと考えることができますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。半分以上支払われているのであればまだいい会社だが、中には開示すらされない派遣会社も多く、酷い業者では、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合も珍しくありません。なお、面接のときにきちんと答えてくれないような会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、極力違う派遣会社のもとで登録されることをおすすめします。

看護師|「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。

「シフト制」の業務についてです。毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方、休む方法については、前もってチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は過去、出産のため抜けた人の代理として正社員として仕事をすることになったのですが、「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任の方が土曜、日曜は休むことなく出勤していたので、私自身もそのような人と思われていたようです。「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自分で交渉しないといけませんでした。立場も給料も同等なのに土日は一人だけなんて・・・。今思うと本当によく我慢したなと思います。

看護師|在職していた会社ですぐにきれる上司に悩みを抱えて、ついに…

就業していた会社で相性の悪い上司に悩みを持ち、最後には我慢することができなくなりその会社は辞め、同業者の他の企業に乗り換えました。上との関係も良好で勤務することができて本当に充実した毎日でしたが、時が経つにつれて業績が悪化して、とうとうある会社に経営統合されることとなりました。そして経営統合の相手はなんと前に働いていた会社で、その上反りが合わない上司がもう一度私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、どれだけご縁があるのでしょう。言うまでもなく再度の転職活動を始めようと思っています。