こういう転職というのは友人からの話です。

このような話は兄の友人の話です。

こういう転職というのは友人からの話です。就職活動を始めて新卒としてなにがなんでも入社したかった憧れの対象であるA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら不採用となり、その先他の会社に入りました。それから1年経た頃に派遣の求人のサイトでたまたまA社の紹介予定派遣の仕事を見つけて、我慢できなくなってその時の会社をすぐ辞めて、A社での派遣勤務を開始、死に物狂いで頑張ってその結果どうにかA社で正社員になれて、今では仕事のやりがいを持ちつついきいきと仕事しています。

あなたが持つ現在のスキルを武器に転職活動をしようと考えているのな…

今あるスキルや資格を活かしつつ、就職活動を考える際は、再就職し易い業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を大まかに知っておきましょう。再就職がカンタンといわれる業種は、働き手がいないと問題となっている医療や介護系の仕事が代表例といえます。医療・介護系の仕事はそれぞれ看護師・介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが高く、売り手市場となっています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて理由あって異業種に再就職しようと思う場合は、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は現業界よりも少なく、簡単に考えないことが大切です。再就職を希望するなら、他の業種ではなかなか厳しいものになると理解しておきましょう。

看護師|今後どんどん短絡的な労働は機械で処理されるようになっていき、…

この先、私たちの労働環境において、着実に短絡的な作業は機械化が進み、結果として、労働人口はどう考えても減少していきます。どうしてかというと、思考を必要としない仕事は人よりも機械でやったほうが比べられないほど強いからです。数量を計測したり、同じ作業をずっと繰り返すことは機械には問題ありません。当たり前のことながら人と違って愚痴も言わず、疲れないし、横着をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、それを均一化できます。さらには、「人件費」を渡さなくてもいいのがメリットといえます。労働力として生身の人間を使う意味がまったく無いため、機械にシフトされるもの当然といえます。

転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお・・

あなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」といった具合に、都会から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と考える人も多いです。この頃は転職サイトを使えば、地方の求人も手軽に知ることができますが、ただし、地方での求人は大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが正直なところといえます。なので、求人情報サイトを使用するのは当然ですが、転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもしっかり確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポート系のイベントについても見ておくと間違いがありません。

失業した際に受け取れる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、…

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業しているあいだが給付条件となりますが、ずっともらえるわけではありません。離職時までに働いていた期間によって変動し、3ヶ月とか1年と決められるのですが、驚くことにこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから慌てて仕事を見つけようとしても条件のよいところを探すのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、失業中に何をしていたかといったことくらいはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。ときには、面接の際に失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、採用は極めて難しくなります。