転職をスムーズに行いたい場合、準備はやらなくてはいけません。

看護師|転職活動を進めるには、準備は必要不可欠です。

再就職する場合、相応の準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも目に見える「ファッション」は気になりますよね。けれど、ここ数年の、採用面接に関しては私服を許可しているところもあるので、ビジネススーツで決めて行く必要がないケースもあります。とくに創業したての企業などは、お堅い規則もないことが多く、私服の方が相手先に印象をあたえます。また、正装ではないので、ざっくばらんに会話できるメリットも。また、私服だと面接のなかで、服装の話もしやすくなります。ですから、うまくいけば面接担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、これから転職する際は、企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

生まれてはじめて転職を行う場合、頭に入れておかなければいけないの…

人生初の転職をする場合、忘れてはいけないのはなぜ今の仕事を辞めたいかについて明確にしておくことです。その理由が根本問題なので、必ずやっておく必要があります。その後問題解決が可能な企業を選んでいくのです。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは違って、今の仕事をこなしつつ就職活動しなくてはならないため、時間と体力が必要になります。それゆえ明確な理由が頭にない状態で転職活動を行えば、途中で挫折してしまうおそれがあります。是が非でも転職したい、現状を変えたいといった強固な意志がないうちは、転職活動を始めるのは、やめておきましょう。

看護師|昨今では、株式・不動産投資の不労所得、または起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

昨今では、株・不動産投資の不労所得、もしくは起業を目指す人も増えています。そのような変化もあり、雇用されて働くことが世の習いといったこれまでの常識も変わってきています。高度経済成長時代に関しては、先行きがみえない自営業で生きるよりも組織の一員として働くほうが安定していてました。そのため人生のもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、一般の人々に認知されていました。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」と表現されています。将来的には、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。

2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに…

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、何ヶ月もたっていないのに退職してしまうケースが結構多いものです。何故そうなるのかと思うと私の考えでは新たな気持で環境に飛び込んだものの、「期待していたものとだいぶかけ離れていた」「独自のルールにどうしても慣れなかった」といったことで退職を決意することが珍しくないといいます。可能ならこのような失敗を後悔しないためには、第一に、前もっての情報集めは徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、昇給システム、など調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

転職をする際で決まり文句のように問われるのは前に働いていた会社を退職した…

再就職をする場合で100%尋ねられることが前に働いていた会社を辞職した理由についてです。このような質問に回答する場合には話題の中心を辞めた会社からそらしたほうが賢明です。辞めた理由に焦点を当てると必然的にマイナス要素を含んだ話の内容になってしまうので。どのように話せばいいかと言えば、なぜ前の職場を退職したのかという事をぜひともこちらの会社に入りたいという考えがあったからという感じの話にすべきということで、今面接に来ている会社の方に話の方向を傾けていきましょう。そういう内容ならば、マイナスではなく良い印象を与えることができる辞職の理由にすることができます。