看護師|お見合いパーティーにはいろいろな方々が来ています。

お見合いパーティーなどの婚活イベントにはいろいろな人が…

お見合いパーティーなどの婚活イベントにはいろいろな方々が出席しています。婚活イベントにも関わらず、結婚相手ではなく女友達やコンパをする相手を探しにきた人もいますし、まじめに、本来のイベントの意図に沿って交際する相手や将来の結婚をする相手を見つけに来た人も多数います。女友達とかコンパの相手を探している場合は、先の婚活につながることもあります。ですが、中にはまじめに女性と付き合う気持ちなど全くなく、その日1日だけの遊び相手を探していることも非常に残念ながらあるようです。私がイベントで出会った男性の中に、「今夜どうですか?」と開口一番に尋ねてきた男性がいらっしゃいました。思わず「は?」と問い返したのですが、彼は「夏だから解放された気分になるので、女性もそういう気分で来ている方が絶対いると思う」ということでした。正直、ドン引きしてしまいました。私はもちろんお断り申し上げたのですが、私を誘ったその男の人は最終的にはカップルが成立していたので、参加していた女の人の中にも実際にそういった考えの人がいた訳です。非常に驚いたことでした。きっと、一生忘れないと思います。

看護師|結婚活動をするにあたって、相手の誠実っぽい雰囲気や・・

婚活をする上で、誠実さとか見た目のまじめさが大事であると思われがちなのですが、実際には、そうでもなさそうです。婚活でするイベントに行ってみたら、実際は、会話スキルが重要で、面白い話をしてくれて、絶えず笑わせてくれるような相手を選ぶ傾向がある。男子なら、これまで真面目に生きてきただけの冗談の通じない人よりも冗談を言い合える軽いキャラクターのようにコミュニケーションスキルが高い人のほうが異性からモテやすくなります。また、女性の場合は、清楚で一歩引いた性格の人が理想ですと男性は判断しますが、過剰に清楚すぎても逆効果です。どうしてかというと、遊びのあの字も知らないタイプの女性にはまったく面白みを感じられないからです。男女どちらの場合も、楽しい会話できるかどうかが婚活では有利になると肝に銘じておきましょう。

看護師|結婚活動をしている人のなかには、生涯のパートナー相手に求めることとし…

結婚活動では、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれた場合お金より愛情を優先したいなんて言う人がおられますが、実際、プロフィール欄で一番最初に注目してしまうのは顔です。次に年収、次に職業の順番です。そういう根拠は、容姿がひどい、は相手にはされず、年収が500万円に満たない男性の場合は、会うことも難しいです。職業に関して女性の場合、それなりの年齢なのに家事手伝い、なんて記入すると、仕事をする気が無い人、と男性から判断されて、結婚相手として見られないでしょう。といったように結婚活動で重視される事実を理解できていないと、まず第一段階の会える段階すら踏めず、失敗続き、と最悪な状況に陥ってしまうおそれがあります。

看護師|「結婚願望があるなら、男性の胃袋をつかめ」と格言のように言われていて、耳にした人もいるとは思いますが、…

男の胃袋を掴めばいいというのは昔からの定説です。そして、決して間違いではありません。なぜかというと、結婚したら、同じ屋根の下に暮らすことになるわけですが、そうなれば、当然、一緒に食事をすることになるので、やはり料理ができて家事が苦にならない女性が求められるからです。でも、「あなたはどのような料理が得意ですか?」と男性に質問された際、パスタ、カレーライスと返答するのはタブーですし、あなたの印象を悪くするので注意しましょう。男性はパスタではお腹がいっぱいになりません。それに、カレーの場合は、時間は掛かりますが、ありきたりな感じが伝わるので、ルウから作る、ぐらいでないと得意な料理ですとアピールされても男性へのアピール不足といえます。「あなたはどのような料理が得意ですか?」と相手に聞かれたとき、ぜひお勧めしたいメニューは親子丼。気取った印象もなく、非常に家庭的でもありながら、盛り付けが意外に難しく、料理が本当に得意なんだ、と思ってもらうことができますし男性からの評価も良いので、実際に作成練習をしてみてください。

初めて結婚活動でするパーティーに出席した際、大失敗となりました。

結婚活動で行われるパーティーに初めて参加した際、見事に失敗してしまいました。その頃は、婚活をスタートさせたばかりで婚活で行われるパーティーの雰囲気などもわからず、一緒にパーティーに参加してくれる友達とも洋服の打ち合わせをしないまま出席した婚活パーティー。会場に到着して周りを見てみると、会場内の女性はみんな、ワンピースやスカート、パンツでも女性らしい上品な雰囲気をまとっています。その点、私の服装はというと芸人のカズレーザーのような真っ赤なトップスに真っ赤なパンツといった姿です。そして、アウターには黒いライダーズジャケット、足下には黒のロングブーツという場違いもいいところなファッションで参加です。当たり前ですが、そんな私は会場では別世界にいるような感じで、誰にも一切声をかけてもらえずイスでちょこんと座り、何もしないままパーティーが終わってしまいました。今考えても恥ずかしいですし正直、人生でこんなにはずかしい経験はほとんどしたことがないです。この失敗に凝りたので、結婚活動でやっているパーティーに行くときは、事前に友達と服装について打ち合わせをするようにしています。