それ以外の職業に転職を決断する理由は、人によって違うはずです。

看護師|看護師の違う職業に転職を決断する理由は、その人によりけりです。

  • 看護師でありながらそれ以外の職に転職に至る原因は、一人ひとり違います。それを見てみると看護師からの転職するには「職場の中に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚で配偶者のこともあって出産加えて子育ておまけに親の介護など、いくつかの仕事環境の変化など、これまでと同じような働けなくなってしまった」「給与とキャリアとのバランスに不満がある」というような悩みが考えられます。しかしながら、実際に転職される前にどうして転職をしたいとと、ゆっくりリラックスしながら客観視してみることも重要です。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考したうえで決断すれば間違いが減らせます。

  • 転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。忙しく仕事を続けながら求人情報を見つけて応募したり、そして面接に行く、というのは時間的にも体力的にも大変です。また、転職活動時は、現在の会社の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、もしも、書類選考をクリアし、いざ面接というときに辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントをあいだに入れていた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、直接応募していた場合も相手の会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにせよ自身の貴重な時間を捨てることにもなりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを理解しなければいけません。

  • 看護師|転職時に要となるのがまぎれもなく「面接」である。

  • 再就職をするときにかなり重要なのが「面接」です。一般的な面接では、面接担当者が応募者に転職するに至った理由や退職理由などいろいろと聞かれることになりますが、そして、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から、面接担当者へ疑問点などを質問できるわけです。例えば、「なにか弊社について疑問に感じる点はありませんかね?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた際に気持ちの準備もできていないし、戸惑う事もありまよすね。後で後悔しないためにも、面接の前に面接官からの問いに対する、質問の内容を準備しておくのがベストです。冷静に考えてみれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、求職活動をしていることが必要なのです。

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、客観的な意味で、仕事を探している姿勢を見せる必要があります。ですが、現実的には「ハードワークから解放されたし、とりあえずはのんびりしたい」と思う人も少なくないでしょう。そこで、真剣に就職活動しているように見せかける方法があるので紹介します。月に一度のハローワークスタッフとの面談は言うまでもなく必要ですが、そこで、「求人票」を確認することを最低限やっておく必要があります。実際には探す気が無い時には、「求人票」をチェックするだけで、(ハローワークスタッフとの)面談時に「納得できる条件の仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が意に反して見つけられませんでした」と言って、次に期待しましょう。

  • 看護師|転職の際に必ず受けることになる面接では、小規模業者であ…

  • 再就職のための面接では、小企業であれば、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、それ以外にも直接、これから仕事をすることになる現場の一番偉い人、要するに課長や部長などが面接することも決して少なくありません。とりわけ、事務系・営業系などの部署に転職するのなら、資格などという具体的なイメージがないので、堂々と自分自身をアピールしていくことが必要です。面接担当の人たちに「この候補者はしっかり自己アピールするし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。