就職のため仕事探しをする際に気を付けて欲しい求人…

転職のため職探しをする際に注意したほうがよい求人の募集内容は…

転職活動中に注意が必要な求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束される時間が長いというものです。このような募集内容では、給料に『みなし残業代』を含んで計算していることが少なくありません。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間、45時間というように求人の内容に時間の併記がされています。月の中で残業が発生することが想定されるのであらかじめ給料形態に残業代を組み込んで計算しておく、といったことです。(ちなみに、これは違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代45時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料です」という話になるわけです。ただし、悪質な求人は、『みなし』を表記していない場合もあるので、しっかり気を付けてください。

看護師|転職候補先での見学に参加するとたいへん勉強になります。

転職したい会社の見学は、良い勉強になります。会社見学できる会社の中でも、職人さんのいる会社ではスキルを近い距離で見られるので気持ちが高ぶります。ですが、「職人」がいる会社見学ではほとんどの場合見学者には、いつも通りの現場を見せることが少ないです。その傾向が強いのはブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので入社した後でないと、実際の姿はみえないものです。そのため、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは決めつけないことがとても賢明です。それに加えて、会社見学の時に実際に仕事体験できる会社は、問題があるので気をつけましょう。雇用契約を結んでいない人には万が一万が一何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保障もないので、仕事体験ができる、と言われても丁重に断るのが無難です。

看護師|「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。

昔から日本には”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は一般的な事柄となってきています。が、誰もが簡単に転職できる軽はずみな気持ちで転職を繰り返すのは大変な問題となります。転職するには大切なのはタイミングです。初歩として、今やっている職場、自分の置かれている立場などについて、納得できない点を10個程度、探しておきましょう。其れによって将来の転職活動に役立ちます。そしてあなたが、いつか決断した時にはできるだけ素早く、今よりも良い仕事ができるよう、トライしてみましょう。

看護師|『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が固いなら・・

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人でその意志が本当に強いものであるなら、退職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。ただし、このときに相談という形を取ると、もしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際にわたしが転職をすると話した時には退職するタイミングを伸ばされてしまい、なんと半年以上にわたり辞められませんでした。はじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的にはなぜか退職届けを出せたのは同年の11月です。希望では仕事の落ち着いた年度末を退職のタイミングと考えていたのに、思うようにはいきませんでした。やはり職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの希望を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに以前にも増してガッカリしました。

最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。現在の安倍政権下では「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界や企業間では今までとは異なった変化が増加しつつあります。その変化を受け、民間企業では、労働人口減による「人員不足」が深刻な社会問題になっています。最近では外国人の労働者も高めていくと現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、日本国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるはずです。