転職活動中の採用面接での勘違いしている人が多いので…

看護師|転職候補となる会社の面接に関して、やめておいたほうがよいの・・

転職を成功させるための採用面接では、やめておいたほうがよいのは採用を勝ち取りたいあまり度を超えた猫かぶりは、正直に言って悪い結果を招くおそれがあります。そうならないために猫をかぶるよりも面接時は、「有給取得率」といったような、普通ならかなり質問しづらいことを勇気を出し率直に質問しておいた方が、絶対に自身のためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そのような無神経なそういった内容を無神経に尋ねたら、最終選考に落とされてしまうのでは?」と危惧する人もいるかもしれません。だけどもプラスの結果をもたらすことは結果的にはいい場合が多いようです。これらのことは実は面接時に仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。それなのに、多数の人が気を遣いなかなか聞きづらいのも事実です。それをほんの少し勇気を出して質問することで「正直な人だな」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

看護師|転職先を決めるのに、言うまでもなくやりがいを考慮することも重要だけ・・

転職にあたっては、もちろん仕事のやりがいアップと一緒に年収が増えることも大切なので「年収サイト」というところに登録して事前に研究をしています。全く一緒の会社でしかも全く同じ職種、経歴なのに人によってかなりの幅がある場合も少なくなく、ぶっちゃけ面接の際質問したことがあります。面接をした人も同じサイトを見ていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた人間についてそこそこ予想がついているのですが、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。

看護師|転職活動をしているなら、気になる求人(OR 業界)を見つけたら、…

転職活動をするのなら、良いと思う求人(または業界)を見た際にきちんと「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索しておきましょう。求人票や転職エージェントの言葉からはまずその業界に関するマイナス点は知ることができないのが普通です。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、インターネット検索によってカンタンに一発で現実を知ることができます。そうした手間を惜しんで会社に入ると、あとからガッカリしてしまう可能性が高いです。その求人が出ている理由が「仕事がキツイから入っても続かない」といったケースが多くを占めます。目に留まった業種について、きちんと調べ疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

看護師|ある古物商の会社で書類選考に受かりました。すぐに面接の日時について担当者から連絡をもら…

とある古物商の会社で、書類選考をパスしました。その後面接の日時について先方から連絡をもらい、しかしながら、当日、指定された場所へ行ってみると、どうしたものか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、始終たいへんにやる気のなさそうな態度を見せて、かろうじて面接は終わりました。ですが、予定日になっても結果連絡がまったく来ず、私から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。仕方がないのでもう一度連絡をした結果、なんと、「残念ですが不採用とします」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまったのです。私はしばらく絶句してしまったのですが、正直、採用されなくて良かったと感謝しています。

看護師|今日はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門会社もたくさんあります。あなたに特許を出した経験があるなら、ヘッドハンティングされることが期待できます。彼らは、特許出願を行った人だけでなく、研究開発で論文を発表した経験がある人や、メディアで話題になった人など、「業績」を残した人に狙いをつけ、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと疑われる話が出てきた際には、そのキッカケを考えてみましょう。めったにないことですが、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求しようとする会社もありますが、そのような会社は間違いなく詐欺ですから騙されてはいけません。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。