看護師|就職活動において、年収はかなり大切な要素です。

就職活動において、年収はとても大事なポイントです。

就職活動において、カギになるのは年収です。面接では、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで実際の年収を偽って、多く申告し、多額の年収を確保しようとしても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的には後からバレてしまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、年収400万の人が急に年収500万になるようなことは通常あり得ません。たとえば、今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくことをおすすめします。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社をすぐに退職せざるを得なくなるかもしれません。

看護師|在職中はできたら、周囲にバレないように(自身の転職活動…

就労期間中は、出来るだけバレないよう(ちなみに私のときは)在職中に「転業するかも」という意図だけ、早い時期に同僚に知らせたことがありました。が、その後求人サイトを見て回ったのですが、予想に反して転職先のあても、時期などすら何も煮詰まっていないまま時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方で、会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、私の退職日などが続々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験したのち、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

今、私は派遣会社を通じて働いています。

このところ私は派遣の会社に入っています。サイト上で気の向くままに自分に向いていそうな仕事を発見し応募したい旨を伝えると「そのお仕事はもう別の方でお話が進んでいます」とお断りされ一時的にサイト内からも仕事情報がなくなるのですが、なぜか翌日見ると消えたはずの情報が掲載されています。ということは要するに私ではよくないのだっていうことですよね。それなら変に隠さない程度で正直に伝えてくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。そうでなければひょっとして存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

看護師|私は20代で転職を2度経験して、いまは資格を取るべ…

20代に転職を2度行い、そして今、いくつか資格を取得するため、「派遣社員」を選択しています。フルタイムの勤務ではないので給料が以前よりも少なくなりました。心と時間的な余裕ができました。学生時代に取った資格を生かして仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。資格を活かして働いている方と話すとかなり羨ましいと思ったりもします。以前までの私は自分と他人をどうしても比べてしまい、悩んでしまう日もありました。現在では結婚して過去と比べ生活環境が大きく変わり、前よりもそのなかで将来の進路も定まったので楽しく日々を過ごしています。

看護師|自らが仕事を探していた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していたのですが…

自分が仕事を探していた時期に割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質に関しても本当に多様でその多くは物足らなく感じる方ばっかりでした。こちらは人生がの大事な事なのにもっと誠意を込めて向かい合ってほしいという想いがいっぱいになりました。それが引き金となり自分自身がキャリアカウンセラーを志すことになりました。キャリアカウンセラーの資格を取得するためにはお金がかかりました。また勉強に関してもとてもハードですが、仕事を探している方から頼られる存在になるために努力しています。