看護師|転職をするための活動を成功させるには、まずゼッタ・・

転職をするための活動中はとにかく、なにはともあれ何より…

転職のための活動をしているときは、なにはともあれ必ず心のうちが落ち着いているということを意識しましょう。在職中に転職の活動をしている場合、それほど気にしなくても良いですが、退職後に行う場合、人というものは心が焦燥感が出てしまいがちです。ですので、冷静に活動するように意識しましょう。今後、自身でやってみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージを明確にしておき、候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているか否か、落ち着いてしっかりと見極めてみてください。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで満足いく転職が実現します。

看護師|今年中に転職活動を始める際に次までの仕事にある程度期間がある方は…

転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、忘れずに「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当てはあなたが働いている所属する会社がきちんと「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば必ずだれでももらえます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、働いている企業の都合の退職だったり、残業時間次第ですぐに受け取れる可能性もあります。さらにもらえる「失業手当」の金額は、最後に受け取った月の給料を軸に支給する額を計算するので「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

女性が転職するに当たって、セクハラが社会的に問題になる前と今・・

女性が再就職するに当たり、現在と一昔前では少なからず、変化があるといいます。過去には面接の際に会社側から、結婚観や出産予定などについて、女性たちへ質問していました。ところが、近年では、「セクハラ」の恐れがあるとして、質問しない企業が増えています。そして、名の知れた大企業の場合は、NG質問として扱われています。そうではあるものの実際、企業側は、YES・NO、で返答するのではなく、その女性の考え、結婚した後は退職するのか、出産後の細かい予定を当然、知っておきたいとは思うはずです。あなたの人生設計をわかってもらうためにも、自己PRや志望の動機と並行して伝えることで、相手側にもしっかり伝わり、また、疑問も解消できると考えます。そういうわけで、聞かれていない箇所もあなたの側から率先して答えてみることを考えてみてください。

転職における面接などに関して面接担当者に名刺を差し出されたとした・・

転職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を手渡されとしたら、あなたも名刺を相手に差し出す方が良いのか?と対応の仕方に悩んだ場合は、大体は渡す必要のないもの、と覚えておきましょう。転職のための面接とは仕事の一部ではなく、職を得るための就職活動の一部です。ですから一般的に考えて名刺をやりとりする場ではないのです。そのうえ、あなたは立場上会社の人として出向いているのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。という訳で、もし相手の方から名刺を渡された時でも、あなたは受け取るだけで問題なくて、相手側に渡す義務はないと考えます。

看護師|長期間接客関係で仕事を続けてきましたが、年のせいか立ったまま行う仕事・・

長きにわたって接客関係で働いてきましたが、年齢的に立ち続けなければいけない仕事は体力的にきつく、オフィスワークへ転職することを志して活動をしました。事務未経験の場合少々厳しくて、それなら接客の経験も活かせる受付兼医療事務をやろうと考え資格も取り個人医院に転職しました。周りはベテランの先輩パートさんだらけで人間関係に関してもややこしい。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業で働いていた時より帰る時間が遅くなってしまったのですが、まずキャリアの形成時と割り切って頑張ります。