クールビズ(軽装)の格好で転職の面接に臨む際には、ジャケットにおいてはやは…

クールビズのスタイルで転職の面接会場に行こうとする際には、…

クールビズの服装で再就職の面接に臨む場合、やっぱりジャケットまでは着用しなくても大丈夫だと言えます。ですが、ネクタイは面接ではつけている方が印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイもしないで良いとしている会社も存在する確率もあるにはありますが、ことネクタイはクールビズであろうと着用しなければならないとしている会社があります。という事で、例えクールビズで来るように言われていてもネクタイをしてから面接に行った方が安全だということはわかっておいてください。

看護師|求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の職場で・・

求人広告には、とうぜん多くの職場では月収が明記されています。でもこの箇所を確認する際は、注意深く確認する事が大切です。額の多い少ないだけ見てわかってしまってはいけません。というのは案件によっては、月収の金額の中に月30時間残業の場合が含まれているおそれもあります。何が問題かというと残業代を入れることで好条件であるかのように見せ、人材を募集している場合もあります。このほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている可能性も考えられたりします。こうして「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には注意が必要と言えるかも知れませんね。

看護師|転職によって勤め先を一新するということは、自分自身に適合・・

再就職して職場を一新するということは、自分に見合った職場を選んだほうが良いです。職場や勤務先を変えることで、向いている仕事に就くことができるかもしれません。でも、デメリットもあって、即戦力となりうる能力を持っていないと、願いを叶えられないでしょう。逆をいうと、自分の価値をあげれば、天職に恵まれるチャンスも高くなる、ということ。最近では「職業選択の自由」が社会通念上として認知されているので、転職を決断したとしても面倒も生じないでしょう。事実、終身雇用がなくなりつつあるこんにち「優秀な人材が欲しい」が願っている企業もますます増えているので、この好機を活かしましょう。

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接官から「転職の理由は何ですか…

転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。人事担当から「転職理由は?」と聞かれることはほぼ間違いありません。その際、どのような理由であれ、前の仕事場での人間関係や労働環境についての愚痴やトラブルを絡めた返答は、可能な限り口にするのは避けましょう。というのも、仮にそういった不満を回答すると、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスをダメにしてしまいます。ですから面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることが重要です。実際の理由とは違っていても、「新しい職場においては、自分の能力をより発揮し、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といったような未来志向での返答が理想です。

看護師|かつては求人情報には、雇用側が必要とする「性別」について…

前の求人誌に雇用主の希望する「性別」が当然のように記載されていました。ところが現在では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、雇用において、男女差別があってはならない事となり、応募条件のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。けれど、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性どちらでも等しく雇用するとは限らないのです。現実問題として、本当は男手が必要な案件に募集に女性がやってきたり、女手が必要なのに男性が応募してきたり、というような問題に遭遇する可能性があります。例えば、「女性が活躍する職場です」と記載される案件の場合は、希望しているのは女性だと解釈しておいた方が良いでしょう。