もっと良い企業につきたいと転職活動をするときの場合…

看護師|新しい会社につきたいと転職をする活動中の人というの…

  • 新しい企業がいいと転職活動をしている中の場合、「1日でもはやく、内定がほしい」と考えてしまいがちです。ですが、それで採用通知ほしさのばかり、自分の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいは対称的に自分を安売りするような行動はぜったいに避けておきましょう。焦ってしまう気持ちを抑え、冷静になりつつ、自分にピッタリな職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経験が活かせるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く選んでみてください。

  • 看護師|看護婦と言った看護師という仕事は、歴史的にも女性の割合がとても大…

  • 以前は看護婦ですが看護師というのは職業としてやはり女性のたいへん多い職種です。また気力それに体力へのかなり消耗が激しい傾向にあります。ピリピリした現場になりやすく、対人関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産といったそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい業種ともいえます。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、職場を変える人が多いのが現状です。看護師という職種の労働市場は看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に変わらず継続しています。なので、それぞれの医療機関は看護師を必要とする「売り手市場」となっていて、それが転職希望が後を絶たない状態に拍車を掛けています。

  • 転職すると、だいたいの場合は以前の仕事はたいていは美化された記憶となります。

  • 仕事を変えた場合には、高い確率で以前の仕事のほとんどの記憶は美化されます。実のところ現在の仕事内容に合意できないから、それを払拭するためにやっと再就職したはずにもかかわらず、気が付けば不思議と転職した会社よりも「前の職場のほうが良いのでは?」と感じるのです。極めて当たり前のことで、以前の職場では日々の業務をこなすことに慣れきっていて今よりも苦労なくやるべき業務もたやすくこなせていたからというのが一番の根底にあると思います。だが実際は「転職なんてしないほうが良かった」と本気で後悔するほど、前の仕事のほうが待遇や自分に向いていた事もあります。

  • 看護師|転職期間のあいだは、趣味に打ち込んだり、体力の低下を招かないようにしてお…

  • 転職先を探している間は、趣味に没頭したり、体力の向上を意識しておくと良いでしょう。勤務先が見つかり、いざ仕事を再開したときに、趣味に集中していたことでいつの間にか集中力が高められます。そしてまた、体力を補っている事で、他の社員と比べるとスタミナがあるということを自ずと認識することができます。なので、休職中は自分の趣味に集中することと、体力をアップさせる努力をするのが何より良い事なのです。その後、その職場にて同じ趣味を持つ人とめぐりあうことができれば、会話が盛り上がります。ですから、趣味を極めることが転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 看護師|転職活動をしていると、面接で「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。

  • 転職活動中に、間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま伝えてもOKですが、これとは違い転職理由について率直に伝えるのは問題です。転職理由でよくある収入面の不満、人間関係の問題など、採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。自分が不利になることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。そのあと、この企業に入社してこんなことを実現したい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形でポジティブなイメージを与えるようにしましょう。