退職と転職を繰り返す日々を止めるために、ひとつだけ対策が必要です。

看護師|退職と転職を度々しないための術が一つだけあります。

転職を繰り返さないための術が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返しません。現在はネットもあるので、メンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。また、転職とは違う行動をすることも精神面を強くすることができます。たとえばズバリ「外国に行くこと」です。海外に行くと、文化も言葉も違うので、刺激が山ほどあります。ですから、帰って来てから変化があるのです。帰国すると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。その気持ちを携え、(転職のための)面接に向かうと、今までとは違って自信満々に自己アピールができるはず。どうしても、退職して間もない頃はメンタルが弱くなりがちなので、今後のために休暇も必要です。

看護師|転職活動の際は、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を見たり・・

転職活動の際は、前もって、ハローワークや求人雑誌の求人情報を見たりして関心のある会社を調べるはずです。しかし、当該会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントに相談をしていることが多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す達人です。仮に公開する場合でも差しさわりのない表現をします。そのような類の社員の声や社長のインタビューについては、そのまま信じるよりも、疑いながら読むべきでしょう。もしも美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、期待していたことと全く違うと後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は、あれこれ言いがかりをつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。この手のブラック企業には注意しましょう。

看護師|派遣会社を介して働く人が最近では増えています。

直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が近頃増えています。もし、自分が派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかを極力面接の際に確認しておきましょう。派遣業は人材を希望する企業に派遣して、その対価としてお金を手数料を徴収する仕組みです。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。5割以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、情報をひた隠しにする業者も多く、悪い業者では、3割しか支払われていなかった場合も珍しくありません。なお、面接のときにきちんと答えてくれないような会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、なるべく違う派遣業者のもとで登録されることをおすすめします。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、決まった曜・・

これはシフト制のある仕事についてです。毎週、特定の曜日に勤務できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方や、休む方法の詳細を面接の際に確認しておいた方が良いです。過去に私は出産のため抜けた人の穴埋めとして、正社員の仕事をはじめたのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った女性が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私も同じような人として扱われてしまいました。「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と自分で交渉しないといけませんでした。立場も給料も同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い出す度、「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。

新卒で採用された会社で嫌な上司に悩みを持ち、ついにやっていくのは難しいと判断してその会社を辞…

新卒後最初に働いた会社で性格が合わない上司に神経を使い、とうとう耐えることができなくなり退職し、同業者である別の企業に転職をしました。居心地よく勤務することができて満足した毎日でしたが、じわじわと会社の業績が悪化し、ついにはある会社に経営統合されることになったのです。奇遇にも経営統合したのは驚くなかれ前勤務していた会社で、おまけに大変嫌いだった上司がまた私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれだけ縁があるのでしょうか。当然新規の転職活動をスタートしています。