看護師|今後、結婚活動(婚活)しようとお考えなら、第一歩として…

看護師|今後、結婚活動しようと考えているなら、最低限のマナーとして、女性として・・

  • 結婚活動(婚活)中基礎として、大人の女性として、身につけておいたほうがいいこと、があります。それは、お箸の持ち方とただしい話し方です。もし、できていないことがあるのなら、これからでも遅くはないので習得しておきましょう。これらの動作から、どういった環境で成長してきたのか、そして、きちんとマナーを心得ている人かを知る判断材料にもなるわけですが、またキレイな所作は、一生涯のパートナーとなったときにも男性側は恥ずかしい思いをせずに済む、と考えるからです。こういったことから、結婚活動(婚活)において大きな強みになるはずです。ですので、真剣に婚活をがんばっていくつもりなら、このことを肝に銘じて疎かにしないように心掛けてください。ダイエット・メイクといった目に見える部分も重要なことですが、それと同様に男性が求めているものがあることを忘れずに。

  • 看護師|結婚活動していくのに、こうしなくてはいけないというルールは存在しません。

  • 婚活というのは、決まったルールは存在しません。だから、単独で動いても問題はありません。ではありますが、一人で行動するとどうしても行動できる範囲が限られるので、当然ながら出会うチャンスも限定されてしまうのが現状ともいえます。自分自身が婚活しているということを周囲にバレたくないという気持ちが、ひとりで婚活する理由になるとは思うのです。でも、よい相手を見つけたいと思っているのなら、「結婚仲介業者(結婚相談所など)」で探すのが有効です。また、たった一人で結婚活動するのに比べたらはるかに出会う機会が多くなることは間違いないのです。当然会費は必要になりますが、自分のこの先の未来を考えたら、その点を加味すると、そんなに高額な費用ではないのかもしれません。

  • 看護師|現在、婚活中の女性や、これから婚活しようとするつもりだという人…

  • 今まさに、結婚活動している女性や、これから婚活しようと考えている女性の結婚活動でするパーティーを含む、結婚活動時のファッションについては、原色などのハッキリした色は着用しないのがベターです。その中でも黒や赤は着ないほうがいいです。この2色は成功率ががくんと落ちます。それと違って、ラベンダー系・ピンク系・ベージュ系のような淡い色が人気が高く、好感度を得やすいようです。メイクもファッションと同じで、普段、アイライン、マスカラを使って、くっきりアイメイクをするという女性は、できる限り柔らかいイメージを持ち、派手さを抑えたアイメイクにするのが好ましいです。そうすることで、婚活の成功率が高まるでしょう。リップも赤系、ベージュ系は避けピンク系の艶つやな感じを意識し、カバン・アクセサリーなどの装飾類は、見てすぐにブランド物とわかるものは使用を控えましょう。婚活に参加する男は、ブランド物に熱を上げる女性や、派手な女性は嫌ですから。

  • 結婚活動(婚活)が目的で行われるパーティーに参加をすると…

  • 結婚活動(婚活)目的で行われるパーティーに参加していくうちに、気に入った人から、LINEでの連絡先を教えてもらう、といった事もあると思います。LINEの連絡先を知ったのなら、ガマンしないで、パーティー終了後、速攻でメッセージを送るべきです。もしかすると、すぐにメッセージなんて、必死さが出すぎて痛い人に映るかもしれない、と思いますよね?ですが、婚活でモジモジなんてしていると、チャンスはすぐさま去ってしまいます。時間が経つほどに、送るきっかけがなくなって良い成果がないまま、ご縁が無くなってしまうこともあります。LINEを直ぐに送るという行為は、言葉がなくとも「私はあなたに好意がありますよ」と伝えることが出来ます。あなたが人見知りでも「私は人見知りだし、恥ずかしいなぁ」とためらう思う気持ちをグッとこらえ、婚活のチャンスを生かすべく、LINEで連絡してみてください。

  • 看護師|婚活をしていくとき、どのようなパートナーを選ぶかの基準は、…

  • 婚活を進める際、相手を選ぶ判断基準ですが、性格が良く優しい、とか家庭的な人とか、責任感が備わっている人とか、健康な人、などがありますが、そういった判断基準の中で、何に重きを置いているかはもちろんその人によりけりです。私の場合は夫婦生活もとても大切なことであると考えているため、さすがに初対面では聞きませんが、一例として、これまでにどのくらい性経験があるのか、性欲の強さ、といった点も何気に確認してしています。共に生活していくワケですから、冗談抜きで体の相性や、それぞれのタイプについてもお互いが理解しあうのは大切で、その点を無視して、漠然と愛情を優先させても、不仲になりやすいのは間違いありません。この手の問題については、最悪、最悪、離婚に至る原因にもなりかねないとても大事な部分でもあるので抵抗があるかもしれませんが、「性」を結婚の判断材料としてカウントしてみてください。