看護師|知り合いからの話です。新卒採用としてどうしても勤務したかっ・・

看護師|この話は友達から聞いた話です。

こういう転職ができたという話は知り合いからの話です。始めに新卒時に絶対に入りたかった目標であるA社の最終面接で内定が得られず、その先嫌々ながら他の会社に就労しました。そのあと数年後派遣の求人サイトで偶然A社の紹介予定派遣の求人が目に入り、いてもたってもいられなくなってその時働いていた会社をすぐに辞め、A社での派遣の就業を開始、やったな、と思った行動です。死ぬ気で頑張ってその結果なんとかA社で正社員として仕事をすることができ、今は仕事に生きがいを感じながらいきいき仕事をしています。

看護師|今ある自分のスキルや資格を活用しながら就職活動を検討しているなら…

自身のスキルを武器に就職活動をしていく場合、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と再就職が難しい業界がある事を理解しておいてください。再就職がむずかしくないジャンルは、人材不足が社会問題にまでなっている「医療・介護」の分野が最たる例です。医療や介護の業種では看護師および介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、ワケあって、異業種に再就職しようと思う場合は、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。ですから、容易に考えないことが重要です。転職される場合は、他の業界では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。

将来的に、労働力という観点においてみるみるうちに考えなくてもできる作・・

今後、労働力という観点において着々と考えなくてもできる作業は機械で対処されるようになりその変化によってそういう仕事をする人手は少なからず減少していきます。そのワケは、単純な仕事という観点では人間よりも機械で進めたほうが数段にすぐれているからです。例えば、数を数えたり同一の動きを延々と繰り返すことは、機械には何の苦もありません。人と違って文句も言わず、疲れ知らず、不正行為をすることもないし、正確な作業ですし、均一化できるメリットもあります。加えて、人と違って「人件費」が発生しません。このように、労働力として人を使う理由がまったく無いので機械化されるのは必然ともいえますね。

看護師|仮にあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい…

転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に引っ越したうえで再就職したいと考えている人が、近年増えています。ここ最近は転職サイトを活用すれば、郊外や地方の求人も手軽に知ることができますが、地方での求人については、都心のような選択肢は期待できないのが一般的です。なので、求人情報サイトを使用するのは当然ですが、転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなども見逃さずにチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している転職サポートに関する情報も見逃さないようにしましょう。

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業のあいだが給付の条件ですが、…

失業したときにもらえる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、給付期間が無限に続くわけではありません。失業時までに勤務していた期間によって異なり、90日とか120日とか設定されるのですが、これを知らない人が一定数います。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き慌てて職探しを始めても好条件の仕事を探すのは困難です。転職先の面接官も無能ではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった箇所はそこそこわかるはずです。状況によっては、失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、受かるのは難しいでしょう。