大きな転職エージェントは、多数の案件があるという魅力があるといえますが・・

看護師|大きな転職エージェントに限って、潤沢な案件を持ってい…

  • 「就職エージェント」大手には、様々な案件を抱えているという魅力がありますが、しかし、同時に競合する転職希望者も多くいます。だからあなたが、応募したい会社を探し出しても、担当スタッフが不可能だと判断すると応募してもらえないこともかなりありますし、会社から見て自分よりも有能な人がいると、そのライバルを優先することもあります。つまり大手エージェントでは、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱い応募することが難しいので、規模が大きくないエージェントに対し、希望する企業や案件に関して相談し、応募できないか相談してみると、自分のために働いてくれることもあるので、そうした活用方法もあります。
  • 数日前新しい仕事先を探すために人材紹介会社へと登録に出向きました。

  • 昨日転職の準備をしておこうと人材会社へ登録に向かいました。そのときカウンセリングの時に出てきた担当の人の雰囲気が見たところ若い社員のようで、私が説明した話の2分の1も彼は理解ができていない感じ。にもかかわらず「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを知っておくべきです」等、わかったふうに偉そうにのたまうからとっても不愉快でした。カウンセリングを担当させるのはそこそこ社会人を経験している方にしてほしいと感じます。
  • 趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は注意が必要です。

  • 大好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意が必要です。私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが大好きでそれが高じて料理店で勤務していた時期があります。そのお店での業務は、その飲食店で担当していた業務内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。けれども、人間関係ですごく嫌になりました。ということが原因で、退職する羽目になりましたが、それと同時に、大好きだった食べること、そしてその店で提供していた食べ物すら嫌になり、その系列の飲食店はしばらく経った今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いた当初、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと思い、それを実現させることは本当に素敵なことですが、しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、じっくり冷静に自分自身と向き合う必要があります。
  • 看護師|友人による紹介で転職先を見付ける人がいます。

  • 友人からの紹介によって転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。ただし、転職の先の労働環境、それから労働条件といった点に関して友人知人からの口コミをあまり信じすぎてしまうのは、トラブルになるおそれがあります。そういうのは個人の口コミ情報というものは客観的な要素が排除されやすく、誤解・齟齬が多くなってしまいます。つまり友人にとっては、居心地の良い職場環境だったとしても、あなた自身にとっては、ストレスだらけの環境、、、という可能性もあります。でもその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミのみで判断せずに、最後は自身の目でチェックしておくようにしましょう。
  • いい転職をしようと転職する活動時、「これまでこういう職場・・

  • 今やっている転職する活動時、「今までずっとこのような価値のあるの仕事をしました」「今までにこういった技術を得られました」と過去の自分自身の実績・セールスポイントをしっかりアピールする人は少なくありません。でも、転職先となる1から始める会社で「機会があればこういったことをしたい」「私が経験したような内容ならできれば貢献したい」と将来のプランを話して売り込むほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。