看護師|お見合いパーティーにはいろいろな人が出席しています。本来の目的とは違います・・

広告
リフォーム 一括 見積もり

看護師|お見合いパーティーなどの婚活イベントには色々な方・・

  • お見合いパーティーなどの婚活イベントには様々な方が参加しています。婚活イベントにも関わらず、女友達とか合コンの相手を見つけに来た人もいらっしゃいますし、熱心に交際する相手や将来の結婚をする相手を見つけに来た人もたくさんいらっしゃいます。女友達や合コン相手を探しにきた場合は、先の婚活につながることもあります。しかしながら、中には本心で付き合う気など全くなくて、その日1日の遊ぶ相手を探しているケースも残念ですがあるそうです。私が話した男の人の中に、「今晩どうですか?」と開口一番に聞いてきた男性がいらっしゃいました。思わず「は?」と聞き返したのですが、その男性は「夏なので解放された気分になるので、僕と同じで、女性もそういう気持ちで来ている人が必ずいるはずだと思う」という訳だったのです。正直、ドン引きしてしまいました。私は当然お断り申し上げたのですが、私を誘ってきたその男性は最終的にカップルが成立していたから、女性の中にも本当にその男性が言ったような考えの人がいたという訳になります。このことは、とってもびっくりした体験でした。

    結婚活動では、誠実な人柄や、真面目な人かどうかが大事であると考えられているかと思いきや・・

  • 婚活をするにあたって、誠実な性格や、見た目のまじめさが大事であると考えられているかと思いきや、実は、そうでもなさそうです。いざ婚活目的で行われるイベントを体験すると、現実には、会話でのスキルも求められ、面白い話をしてくれる、絶えず笑わせてくれるような相手がモテる傾向があると思い知らされます。男性なら、真面目に生きているだけの何の面白味もないヤツよりも、遊び心のあるコミュニケーション能力が優れている男性のほうが女性から人気が集まりやすくなります。また、女性の場合、清純そうで一歩引いた性格の人が理想なんて男性は思いがちですが、清楚すぎるのも考えものです。なぜならば、遊びのあの字も知らない様な女性には面白みを感じられないからです。男女どちらの場合であっても、楽しい会話できるかどうかが婚活では有利になります。意識しておきましょう。

    婚活において、パートナーに求める条件としてお金よりも愛情を優先していた…

  • 結婚活動(婚活)では、結婚相手に求めることとしてお金以上に愛情が大切と言う人もいるかもしれません。けれども、現実、プロフで一番最初に気になってしまうのは顔です。次に年収、その次に職業です。そういう根拠は、見た目の悪い人、は候補にもならず、年収が500万以下の男性の場合ですと、女性との出会い自体がかなり厳しくなります。職業に関して女性の場合だと、いい歳なのに家事手伝い、なんて書くと、仕事をする気持ちが無い人、と男性からは判断され、スカンをくらってしまいます。こういった婚活で重視されることを軽視していると、まず第一段階である直接会って話をする機会すらなく、通算で何十連敗、、と最悪なパターンに陥ってしまう事になりかねないです。

    看護師|男性の胃袋を掴めばいいと言われていますが、現実、これは本当のことです。

  • 「結婚をしたいなら、男性の胃袋をつかむべし」と格言のように言われていて、聞いたことのある人たくさんいるとは思いますが、それは決して間違いではありません。なぜならば、結婚をした場合、一緒に住むわけですが、そうなれば、当然、まいにち一緒に食事することになるので、やはり料理が好きで家事を面倒に思っていない女性が必要とされているからです。しかし、「得意料理は何ですか?」と質問された際、パスタ・カレーライスと返答するのはタブーですし、あなたのイメージを悪くするので注意しましょう。男性大半は、パスタを軽い食事程度と解釈しています。それから、カレーライスの場合は、時間がかかる割に、手抜きっぽく感じられるので、一から手作り、ぐらいでないと得意な料理ですと答えられてもガッカリされてしまいます。「どういった料理が得意ですか?」と男性に質問された場合、お勧めのメニューは親子丼。あまり気取った感じもありませんし、家庭的な雰囲気がありながら、きれいに仕上げるのが意外に難しく、料理上手な女性である、と思ってもらうことができますし意外にも男性ウケする一品でもあるのです。実際に作成練習をしてみてください。

    婚活目的のパーティーに初めて参加した時、見事に失敗しました。

  • 私が初めて結婚活動目的のパーティーに行った際、見事に失敗しました。そのときは、婚活をはじめてから日が浅い初心者だった事もあり、婚活が目的のパーティーの雰囲気などもわからず、一緒に婚活パーティーに出席すると約束した友達とも当日の洋服の打ち合わせなしで行ったのでした。会場に入り周囲を見てみると、会場内の女性はみんな、ワンピースやスカート、パンツでも女性らしい雰囲気です。その点、私のスタイルはというとカズレーザーさんみたいな真っ赤なトップスに真っ赤なパンツです。アウターには黒いライダーズジャケット、足下には黒いブーツという場違いもいいところなファッションで参加です。当たり前ですが、会場では空気のような状態で、周りに声をかけてもらうことも一切なく、イスにポツンと座り、何もしないままパーティーを終えました。今思い出しても恥ずかしいですし人生でこんなにはずかしい経験はほとんどしたことがないです。この失敗を生かし、結婚活動で行われるパーティーに出席するときは、ファッションを友達とチェックしあうようになりました。